1/12 ダース・ベイダー 製作記 その8 ~手首の修正~

どうも、猛暑が続いて早くも夏バテ気味のTARE-MAXです( ̄▽ ̄;)
そんな中、家の庭の梅の木でセミが羽化しているのを偶然発見しました。


セミ2017


羽化してから少し時間が経っているのか羽が完全に伸びた状態。
このタイミングで発見出来るのは中々の幸運でしたね(^^♪
翌朝には抜け殻だけ残して無事に飛び立って行ったようです。


さて、ベイダー卿は手首の改修ですヾ(・∀・)ノ
個人的にベイダー卿のメモリアルアクションだと思っている「腰のベルトに手を掛ける」ポーズを再現したいんですが
キットの手首は軸が真っすぐでどうしても不自然な隙間が出来てしまいます。


ダース・ベイダー製作記34


そこで、手首の接続軸を切り取り、2mmのアルミ線に変更。
根元をペンチで曲げて角度を付けました。


ダース・ベイダー製作記36


さらに腕側の接続部分にメンタムを塗り、足りない部分にエポパテを詰めて硬化後に削り込んで整形しました。
ここで削り過ぎたりしてエポパテの削り盛りをしてたら一週間経過してしまいました( ̄▽ ̄;)
硬化時間が長いので盛ったら次の日まで作業できないのが辛いところですネ。


ダース・ベイダー製作記37


ところで、このベイダー卿の手袋にはスジ状のモールドが入っているようなんですが、さてどうするか…
モデグラの作例を見ると同じように手首を改修してるんですが、この延長部分のモールドはオミットしているようです。
あんまり違和感はなさそうなので、それでも良いかな。

さて、改修した手首を付けるとこんな感じです(=゚ω゚)ノ


ダース・ベイダー製作記38


手首に角度が付いたお陰で、メモリアルアクションが自然に決まるようになりました(^∇^)ノ
今は流石にパテ部分が目立ちますが、塗装すれば分からなくなるはずです。

さて、次回はマントかライトセーバーの改修になりそうです。
ライトセーバーは出来ることなら発光ギミックを仕込んでみたいですねえ。

ではでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを
中心に製作していこうと思います。
当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!
どうぞよろしくお願いします!
Twitter:@TAREMAX2

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
319位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

子猫を保護しました Jun 17, 2018
ローグ・ワン 1/72 Xウイング(ブルーリーダー) 製作記 その17 ~台座の製作~ Jun 11, 2018
ローグ・ワン 1/72 Xウイング(ブルーリーダー) 製作記 その16 ~剥がれ&スス汚れ~ Jun 05, 2018
ローグ・ワン 1/72 Xウイング(ブルーリーダー) 製作記 その15 ~デカール&ウォッシング~ Jun 02, 2018
ローグ・ワン 1/72 Xウイング(ブルーリーダー) 製作記 その14 ~退色表現~ May 30, 2018

検索フォーム

QRコード

QR


まとめ