# ビークルモデル AT-ST 製作記 その4 ~完成!~

ビークルモデルのAT-STを何とかゴールデンウィーク中に完成させる事が出来ました!
ビークルモデルは元々のキットの完成度が高いので、今回は基本的なパーツ整形のみに留め、追加のディテールアップなどは行っていません。
その代わり簡易的な台座を作成し、ミニヴィネットモデルとして作製してみました!

それでは完成画像を見ていきましょう(=゚ω゚)ノ


VM AT-ST 完成01


今回は「帝国の逆襲」版のAT-STという事で、惑星ホスをイメージした雪原の台座を作成。
台座は100均のフォトフレーム、土台は石粉粘土で雪は重曹で表現しています。


VM AT-ST 完成02

VM AT-ST 完成03


AT-ST本体は装甲板のフチ等を薄く加工、ブラスターの銃口を開口した程度です。
本体のディテールが凄いので、アオリで見ると情報量がありますね!


VM AT-ST 完成04

VM AT-ST 完成05


台座のフチに付いた重曹は綺麗に拭き取ったつもりだったんですが、水分が乾くと白い粉が浮き出てきちゃいました(;^_^A
粒子がやや大きめなので、1/144よりもっと大きいスケールの方が合うかもしれません。

続いて細部のアップです(^-^)/


VM AT-ST 完成06

VM AT-ST 完成07


スミイレとドライブラシが入るとキットのハイディテールさがより強調されますね(^^♪
ブラスターの銃口のスス汚れはエンピツの芯を粉状にしたものを擦り付けてみました。

俯瞰で見るとこんな感じに…


VM AT-ST 完成08


AT-STの居る中心部分は他よりも若干低くし、やや起伏のある形状に。
左上の岩は火山岩っぽく黒に近いグレーとしています。
一方向からの吹雪で岩の陰に当たる部分には他よりも雪が薄く積もっている状態としてみました。


最後にお気に入りのアオリの構図の画像です(^^)/


VM AT-ST 完成09


【塗装レシピ】
・本体グレー…グレーFS36375(60%)+明灰白色(40%)

いずれ、AT-AT製作時の御供としても製作する予定です。
その時はパイピングの追加や脚に板バネを追加するとさらに劇中の雰囲気に近づきますね!

ヴィネット作成は楽しいですが、レイアウトや見せ方などまだまだ研究すべきことが沢山あります。
AT-ATはこの辺の経験やノウハウをもっと積んでから製作してみたいと思います。

さて、これにてビークルモデルのAT-STの製作は終了です!
お付き合い頂きありがとうございました!
では、フォースと共にあらんことを~(*・`ω´・)ゞ


スポンサーサイト
 | ホーム | 

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# アクセスカウンター

# 最新記事

1/12 ダース・ベイダー 製作記 その13 ~表面処理①~ Sep 20, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その12 ~各部の微調整~ Sep 18, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その11 ~マントの改修~ Sep 16, 2017
海洋堂 MOVIE REVO ノーチラス号 レビュー Sep 12, 2017
どのベイダー卿がお好き? ダース・ベイダー吹き替え比較 Sep 09, 2017

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ