# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その2 ~ダース・ベイダーの塗装~

今年最後の更新です(^^)/
今年はこのブログを通じて色んな方と交流を持つ事が出来て本当に嬉しく思います。
来年もどうか宜しくお願いいたします。

さて、まずはベイダー卿のフィギュアから取り掛かりましょう!
フィギュアはサフレスでオール筆塗りです。
まずはラッカーで基本部分を色分けしていきます。


1_72 タイ_アドバンスドx1_5


マントは艶消し黒とレッドブラウンを9:1で混ぜたもの。
インナースーツはカウリング色。
ヘルメットや胸部メカ、肩や脛のアーマーはウィノーブラックです。
今回は最終的にトップコートせずに、部位ごとに艶消し、半光沢、光沢で質感の違いを出していきます。

次にマスクやチェストアーマーなどのメタリックの部分をエナメルで塗っていきます。


ベイダーのマスク


ベイダーのマスクは黒一色と思われがちですが、実はブラックとガンメタルで左右非対称に複雑な塗り分けがされています。
目立つ部分では眉間、右目の下、左頬、首などがガンメタルです。
これも出来る限り再現してみました。


1_72 タイ_アドバンスドx1_9


…小さすぎて何が何だか良くわかりませんが、それっぽくはなったかな(^^;
マスクとチェストアーマーはエナメルのガンメタル、ベルトや胸部メカはフラットアルミです。
マスクの口部分の三角形の部分にもフラットアルミをチョン付け。
チェストアーマーの塗り分けも地味にキツイです。
フィギュアはEP4版なので、チェストアーマーの外側にローブが来ています。
ローグ・ワンのベイダー卿も同じだったので嬉しかったですね(*^_^*)

最後にマスク部分にハイライトで軽くフラットアルミのドライブラシを入れて完成です!


1_72 タイ_アドバンスドx1_6

1_72 タイ_アドバンスドx1_7

1_72 タイ_アドバンスドx1_8


マスク部分のドライブラシは本来必要ありませんが、このサイズで黒いとディテールが良く分からなくなってしまうので入れてみました。
特に口の三角形部分に入れてあげるとグッと雰囲気が良くなります(*^_^*)

着座のベイダー卿も同様に塗装しました。


1_72 タイ_アドバンスドx1_10


最後に参考までにファインモールド版のアドバンストX1に付属のベイダー卿と比較。


1_72 タイ_アドバンスドx1_11


ファインモールド版はズングリムックリしててちょっと不細工…もとい味がある感じです(^^;

さて次回はコックピットの製作ですね!
それでは皆様良いお年を~(^∇^)ノ


スポンサーサイト

# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その1 ~仮組~

先日、ずっと楽しみにしていた「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」を見てきました!


ローグワン


詳しくはネタバレになってしまうので避けますが、超おススメです!
旧三部作に登場するビークルが沢山登場するので、私は興奮しっぱなしでした(*^_^*)
XウイングとYウイングのカッコ良さには痺れますね!

キャラクターも魅力的で良かったです!
私が一番気に入ったのは盲目の戦士チアルート。


ローグワン_チアルート


今までのスターウォーズには居なかったタイプのキャラクターでフォースを信仰する寺院の僧侶という設定。
手に持った長い杖で座頭市ばりのカッコ良いアクションを見せてくれます!

そしてなんといってもEP3以来、満を持してのスクリーンへの登場となるベイダー卿!


ローグワン_ベイダー


今回のベイダー卿はいつもに増して「怖い」です!
反乱軍の一般兵士から見たら、出会ったら最後、どう転んでも絶対に勝てない相手ですからね。

とにかく本当に面白い映画なので、興味のある方には是非お勧めです!!


…さて、次回作はガンプラと言ってましがごめんなさい(汗)
ローグワンを見たら、スターウォーズ熱に火がついてしまいました(^^;
という訳で、Xウイングを作ったら次はタイファイターだろうと言うことで、ベイダー卿の愛機「タイ・アドバンストx1」の製作開始です!


1_72 タイ_アドバンスドx1_1


まず目を引くのがシステムインジェクションで多色成型されたソーラーパネル。
素組派には嬉しいですが、塗装するなら別パーツの方がありがたいです(^^;


1_72 タイ_アドバンスドx1_2


組み立ては簡単で、コックピットを外装で挟んでソーラーパネルを取り付けるだけ。
あっという間に完成しちゃいます(*^_^*)


1_72 タイ_アドバンスドx1_3

1_72 タイ_アドバンスドx1_4


機体もほぼグレー単色でマスキングはソーラーパネル位で済みそうです。
Xウイングに比べたらサクッと完成しちゃいそうですね!

次回はコックピットとベイダー卿のフィギュアから製作して行きたいと思います。
それでは~(=゚ω゚)ノ

# 1/72 Xウイング 製作記 その13 ~完成!~

さて、ベースの製作記事を…と思ったんですが、特に個別に記事にして書く程の内容がありません(笑)
ですので、今回は完成写真になります(^^)/


1-72 X-wing64

1-72 X-wing65


ベースはウィノーブラック→明灰白色をエアブラシで塗装。
その後エナメルのジャーマングレーでスミイレ&ウォッシング。


1-72 X-wing66

1-72 X-wing68


やはり多少斜めにした方が動きが出ますね(*^_^*)
ただこのベース、一々軸を外して角度を変えなきゃいけないので非常にメンドクサイです。
この点はアクションベースの方が優れてますね。


1-72 X-wing67


プロトン魚雷、発射!!
エフェクトパーツは表面処理後、艶消しクリアーを吹きました。

続いて細部のアップです。


1-72 X-wing69


コックピットは1mmスプリングで蛇腹ホースを追加。
R2D2はキットのままでは埋まり過ぎな印象だったので、劇中を参考に1mm程度かさ上げしています。


1-72 X-wing70

1-72 X-wing71


メカパネル部分はプロップではグレーですが、好みでメタリックにしてみました。
後部のモールドが少し埋まってしまったのが残念。


1-72 X-wing72


【塗装レシピ】
・機体色…グレーFS16440
・本体赤…レッドFS1136
・本体黄…イエローFS13538
・本体グレー…ニュートラルグレー(濃淡に合わせ混色)
・本体緑…ガンダムカラー/グリーン27
・キャノピー…エアスぺリオリティーブルー
・メカ部分…焼鉄色
・ベース…明灰白色


いや~、マスキングにフィギュアの塗装にと随分苦労しました(^^;
特に翼のマスキングは一回失敗してるので、今度RED3等を作る機会があればリベンジしたいですね!

これにて1/72 Xウイングの製作記は終了です(^^)/
お付き合いいただき、ありがとうございました!

次回はまたガンプラになる予定です(*^_^*)
それでは、フォースと共にあらんことを!(*・`ω´・)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その12 ~ウェザリング~

さて、Xウイングもいよいよウェザリングへ突入です(^^)/

まずは下準備として、一旦全てのパーツを艶消しクリアーでコートします。
スス汚れや剥がれ等のウェザリングは、バラした状態でパーツごとに行うと組み上げた時に統一感がなくなってしまう恐れがあるので、ここからはある程度組み上げながら行っていきます。


1-72 X-wing57


機首部分です。
赤やグレー部分に機体色で塗装剥がれを面相筆で書き込みました。
その後、エナメルのジャーマングレーでウォッシング、艶消しでコートしています。
コックピットのマスキングにはクリアーパーツのキャノピーを利用しました。
完成後は防風のないフレームのみの物を使う予定です(*^_^*)


1-72 X-wing58


ノーズコーンの部分はスス汚れを追加。
トップコート用の艶消しクリアーにごく少量ブラックを加えて作ったスモークグレーをエアブラシで吹いています。

続いて左右のウィングの部分です。


1-72 X-wing59

1-72 X-wing60


写真ではR2が乗ってますが、外した状態で作業しています。
こちらも塗装剥がれは面相筆での書き込みで再現しました。
特徴的な帯状の汚れ(被弾後?)は、まずエナメルのジャーマングレーを含ませたスポンジで細かいチッピングをした後、筆で塗料を点々と置いていく感じで書き込んでみました。
その後、一旦艶消しコートし、ウォッシングした後に先ほどのスモークグレーで馴染ませています。


1-72 X-wing62


ウィングの裏側もプロップを参考に汚れを書き込み。
こちらは奥まった所にあるので、本体に組み込む前に作業しています。


1-72 X-wing61


エンジンノズルはプロップでもかなり真っ黒に汚れているので、自作スモークグレーで念入りに。


1-72 X-wing63


コックピットの周りにも目立つスス汚れがあるので、(R2は外した状態で)スモークグレーを吹いていきます。
他にもレーザーの先端や機体裏側など様子を見ながら吹き付けていきました。

あまりやりすぎると真っ黒なXウイングになってしまうので加減が難しいです^^;

さて次回は完成写真と行きたい所ですが、ベースがまだでしたね。
今回、緑のアクションベースだったのはベースが塗装中だったからです(笑)

何とか年内に終わりそうですね!
ではでは、フォースと共にあらんことを!( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その11 ~退色表現・デカールなど~

さて翼のマーキングに続き、レーザー砲にも青い螺旋模様のデカールを貼っていきます(^^)/
デカールの合わせ目は下に来るように調整してます。


1-72 X-wing53


エンジン吸気口の縁もマスキングで塗り分けます。
ニュートラルグレーとミディアムブルーで8:2くらいの混色です。


1-72 X-wing54


機体上面と後部のメカ部分は考えた末、金属色で塗装しました。
焼鉄色にクリアーオレンジをランダムに吹きつけ、エナメルのハルレッドでウォッシング、フラットアルミでドライブラシ。


1-72 X-wing56


期待もパネルラインにスミイレ後、ベースカラーを上掛けして退色表現しました。
カラフルな色合いが良い感じに馴染んできますね(*^_^*)
全体的にぼやっとした感じになるので、スミイレはグレーではなくブラックで行いました。


1-72 X-wing55


さて、ウェザリングはまた次回ですね。
劇中のプロップモデルを参考に、ある程度組み上げながら行っていきます。

ではでは~フォースと共にあらんことを!(=゚ω゚)ノ

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

# アクセスカウンター

# 最新記事

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ