# バンダイ 1/12 R2-D2 製作記その3 ~塗装終了まで~

前回に引き続きR2-D2の塗装作業です。
胴体等のホワイト部分を塗装していきます(^-^)/



サーフェイサーを吹いた後、ベースグレーを吹いていきます。
R2D2-12


調度ブラックを切らしてしまった為、ガンダムカラーのグレー系の塗料をテキトーに混ぜてベースグレーとしました(笑)
なんちゃってMAX塗りですね。
そういえば、今MAX塗りってどうなんでしょ?
私が始めた頃はMAX塗り全盛期で、ネット上にもMAX塗りのガンプラ作品が沢山ありました。
SWのプロップが黒立ち上げで塗装しているそうなので、SW関連のプラモとの相性は良さそうですね!



次にホワイトFS17875を塗装していきます。
R2D2-13


軽くグラデーション付けたつもりがほとんどベタ塗り状態ですね(汗)
後で汚すのでまあ良しとします。



キットでは色分けはほとんどカンペキなのですが、所々ブルーが足りてません。
本体の格子裏、六角形のモールド、上腕部分の凹み等ですね。
マスキングが大変なので、エナメルのブルーで筆塗りしていきました。
ついでにスミイレも行ってしまいます。
R2D2-14



スミイレはタミヤのスミイレ塗料(ブラック)を使いました。
これ、めっちゃ便利ですね!
昔はイチイチ塗料皿に出して薄めてやってました…便利な世の中になったものです。


これで基本塗装は終了です!
次回はウェザリングに入っていきます。
スポンサーサイト

# バンダイ 1/12 R2-D2 製作記その2 ~キャンディ塗装~

頭部の工作も終わり塗装に入っていきます!

今回、ブルーの部分はシルバーの上からクリアカラーを重ねていくキャンディ塗装にしてみようと思います。
普通にブルーで塗装するよりも深みのある面白い質感に仕上るのを期待してます(*^_^*)



まずはブラックで全体を塗装。
R2D2-7

次にシルバーを吹いていきます。
R2D2-8


ここまでは他のシルバーのパーツと一緒なのでまとめて塗装していきました!



さらにクリアーブルーを吹き重ねていきます。
R2D2-9


クリアーカラーは発色が弱いので一回吹いただけではホントにうっすらとしか色が乗りません。
さらに3~4回吹き付けました。
R2D2-10


まだ薄い気がします…さらに数回吹き重ね!
R2D2-11


10回以上吹き重ねてようやくこんな感じです。
他のパーツと色味を合わせるのも難しかったですが、見る角度によって下地のシルバーがキラキラしてキレイです。

次回は胴体の塗装とウェザリングに入っていきます。





# バンダイ 1/12 R2-D2 製作記その1~仮組み&頭部の工作~

C-3POが完成したら、やはり相方も作らねばなりませんね!

まずは仮組みから。
今回はBB-8とセットの物を購入しました!



R2D2-1



さすがバンダイさん!
組むだけで完璧なR2-D2が手に入っちゃいます。

ただ、頭部にガツッリ合わせ目が出来てしまう構成なので、今回はその合わせ目消しとC-3PO同様電飾の為の工作を行っていこうと思います。



まずは電飾の為、光らせたい箇所を開口しました。
R2D2-2


開口した箇所は透明ランナー等のクリアパーツに置き換え。
R2D2-5



次に頭部の合わせ目けしと後ハメ加工です。
R2D2-3R2D2-4


合わせ目はタミヤのゼリー状瞬着で処理しました。
後ハメは上の写真の3つのパーツのピンを切り取るだけで簡単に出来ちゃいます。



頭部の工作が終ったところでLEDでどんな感じに光るかテストしてみました。
R2D2-6

中々良い感じです!
耐水ペーパーで表面処理した後、塗装に入ります!



# バンダイ 1/12 C-3PO 製作記その2

前回、メッキを落としたC-3POに塗装していきます!


実は塗料も8年前に買い込んでいたのもです(笑)
一部溶剤が揮発してドロドロになってましたが、溶剤を足せば全く問題なく使えました!


凄いぞミスターカラー!!


【塗装レシピ】

サーフェイサーを塗布してから腹部以外の全てのパーツを一旦ブラックに塗装。
・本体…スーパーゴールド→スーパーゴールド(50%)+スーパーシルバー(50%)でグラデ
・左腕・腹部のコード(赤)…レッドFS11136→スーパークリアーつや消し
・腹部…ホワイト→エナメルのフラットブラックを筆塗り→スーパークリアーつや消し

以上です。
ほとんどゴールド一色なので塗り易いですね!
劇中での左腕は赤黒い感じなのですが、ブラックを下地にしたので良い感じの黒ずんだ赤になりました(*^_^*)




C3PO3



改修の必要もほとんど無い良キットなのですが、1点だけ手を加えた部分があります。
可動域確保の為か、脛と足首の隙間が大きくポリキャップ(PC20)の軸が目立ってしまってましたので、ポリ軸を2ミリほどカットして奥まで嵌るようにしました。
元々足首はほとんど動きませんし、脚のラインに一体感が出るのでお勧めの工作だと思います(*^_^*)



続いて上半身のアップです。



C3PO4




目の電飾はA15パーツに3ミリの穴を開け、そこに透明ランナーを切り出したものを嵌め込み裏側にマイクラフトさんの電球色のチップLEDを2つ瞬着で固定しました。
こうする事でどの角度からでも目全体が光って見えるようになりました(*^_^*)



C3PO5C3PO6
加工したA15パーツ。目のクリアパーツ(A2)に直接LEDを取り付けるより均一に光ります。



配線は足裏に穴を開け、そこから頭まで通しています。
幾つもパーツを通していかないといけないので電飾初心者の私にはちょっと難しかったです。
目のクリアパーツ(A2)は黒目部分にスミイレ後、表面のモールドをエナメルのチタンゴールドで筆塗りしました。



C3PO7
消灯状態の頭部。平筆で撫でるようにチタンゴールドを塗りました。



お腹のパーツはデカールは使用せず塗装です。
一旦ホワイトで全体を塗装した後、エナメルのフラットブラックを筆塗り、綿棒で配線部分の塗料を落としていきました。
このパーツのデカールはキレイに貼るのが難しいので、塗装した方が仕上がりはキレイになると思います。



腕は固定タイプを選択。
上腕の合わせ目は瞬着で埋めて処理しました。
手のひらのパーツはエナメルのフラットブラックで塗り分け。



エピソード7のC-3POは他の作品に比べて汚しは控えめな感じがしたので、スミイレ後にエナメルのレッドブラウンで足元中心に軽くウェザリングをして終了です。



初めての電飾でしたが、概ね上手く行ったので満足しています(*^_^*)


まだちゃんとした撮影ブースが無いので、いずれもっとちゃんとした写真を掲載したいですね(汗)

# バンダイ 1/12 C-3PO 製作記 その1

製作途中の写真がほとんど残っていないのですが、プロフ画像にも使っているバンダイの1/12 C-3POです。


今回はエピソード7版として完成させました!


エピソード7に登場したC-3POの特徴としては何といっても「左腕が赤い」事ですね!
その他にも「右足が本体と同じ金色になっている」「お腹の配線コードのパターン」等がありますが、お腹の配線コードを再現するにはパーツのモールドを削り落として作り直さなければなりません。

とても私にそんな技量はありませんので、今回はキットの金メッキを落とし、左腕と右腕を塗装する事でエピソード7版をお手軽に再現しました(*^_^*)


まずはパーツをシンナーに漬けてイエローのトップコートを落とし、次にキッチンハイターに漬けてメッキを落としていきます。

DSC_0138.jpg

エピソード5で惑星ホスにいた同型機みたいになりました(笑)


さて、この後塗装に入っていくわけですが、今回は前から挑戦してみたかった目の部分の電飾にも挑戦してみました!
例によって製作途中の写真が残ってないので次回でいきなり完成写真です(汗)





# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

# アクセスカウンター

# 最新記事

1/12 ストームトルーパー 製作記 その1 ~仮組~ Oct 16, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その18 ~マント等の塗装~ Oct 09, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その17 ~アーマー類の塗装~ Oct 04, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その16 ~マスクの塗装~ Oct 01, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その15 ~表面処理③~ Sep 29, 2017

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ