# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その9 ~ライトセーバーを発光させよう!~

さて、今回はライトセーバーです(^∇^)ノ
ダース・ベイダーやR2-D2、C-3POと並ぶ、スターウォーズで最も有名な要素の一つですね!

キットではクリアーパーツで光刃が再現されていますが
ここは頑張って発光ギミックを仕込んでみようと思います(=゚ω゚)ノ

発光のキモとなるのが、ミライトという極小のLEDライトです。


ダース・ベイダー製作記39


本来はウキ等の釣り具に使われるもので、最近はガンプラなどでも使っている方が増えてきてますね。
オレンジ色の先端部分を押し込むと発光、引っ張ると消灯というシンプルな設計。
下の部分がリチウム電池で約8時間位持つそうです。

これをキットのライトセーバーの柄に仕込んでいきます。


ダース・ベイダー製作記40 ダース・ベイダー製作記41 


まず上段の部分は光刃の差込口から2mmのピンバイスで穴を開けておきます。
そして後部の接続ピンを切り取り、こちらは3mmのピンバイスでミライトの頭が入るように開口。
後段の柄の部分も、ミライトが入るように3mmのピンバイスで穴を広げていきます。

パーツの肉厚限界ギリギリなので非常に神経を使う作業です(;^_^A

そしてミライトを仕込むとこんな感じに。


ダース・ベイダー製作記42 ダース・ベイダー製作記43

ダース・ベイダー製作記44


ミライトが長いので完全には収納できませんが、握らせると隠れてしまいますので問題ナッシングです(^^♪
ミライトは瞬着で固定しておきます。
キットの光刃は透明度が低く、光を通さないのでクリアーレッドを吹いた2mm透明プラ棒に交換。
細身になりましたが、劇中でもこのくらいのイメージじゃないでしょうかね。

早速、ベイダー卿に持たせてみましょうヾ(・∀・)ノ


ダース・ベイダー製作記46


ダース・ベイダー製作記45


実際は全体的に赤く光っているんですが、写真だと根元が白くなってしまいます(;^_^A
光刃が細めになったのでシャープな感じになりましたね!
やっぱり光るのはロマンがあります(*^▽^*)

ところで、ライトセーバーの光刃はカイバークリスタルという鉱石が
エネルギーを収束し、フォースと共振することで、光刃を形成するんだそうです。
ジェダイのライトセイバーは天然のクリスタルを使用している為、青や緑、紫、白といった多くの色が存在するのに対し
シスは邪悪な念を込めた人工のクリスタルを使用するため光刃が赤になるんだとか。


さて、次回は握り拳の修正やマントの改修になりそうです!
ではでは、フォースと共にあらんことをヾ(o´∀`o)ノ


スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その8 ~手首の修正~

どうも、猛暑が続いて早くも夏バテ気味のTARE-MAXです( ̄▽ ̄;)
そんな中、家の庭の梅の木でセミが羽化しているのを偶然発見しました。


セミ2017


羽化してから少し時間が経っているのか羽が完全に伸びた状態。
このタイミングで発見出来るのは中々の幸運でしたね(^^♪
翌朝には抜け殻だけ残して無事に飛び立って行ったようです。


さて、ベイダー卿は手首の改修ですヾ(・∀・)ノ
個人的にベイダー卿のメモリアルアクションだと思っている「腰のベルトに手を掛ける」ポーズを再現したいんですが
キットの手首は軸が真っすぐでどうしても不自然な隙間が出来てしまいます。


ダース・ベイダー製作記34


そこで、手首の接続軸を切り取り、2mmのアルミ線に変更。
根元をペンチで曲げて角度を付けました。


ダース・ベイダー製作記36


さらに腕側の接続部分にメンタムを塗り、足りない部分にエポパテを詰めて硬化後に削り込んで整形しました。
ここで削り過ぎたりしてエポパテの削り盛りをしてたら一週間経過してしまいました( ̄▽ ̄;)
硬化時間が長いので盛ったら次の日まで作業できないのが辛いところですネ。


ダース・ベイダー製作記37


ところで、このベイダー卿の手袋にはスジ状のモールドが入っているようなんですが、さてどうするか…
モデグラの作例を見ると同じように手首を改修してるんですが、この延長部分のモールドはオミットしているようです。
あんまり違和感はなさそうなので、それでも良いかな。

さて、改修した手首を付けるとこんな感じです(=゚ω゚)ノ


ダース・ベイダー製作記38


手首に角度が付いたお陰で、メモリアルアクションが自然に決まるようになりました(^∇^)ノ
今は流石にパテ部分が目立ちますが、塗装すれば分からなくなるはずです。

さて、次回はマントかライトセーバーの改修になりそうです。
ライトセーバーは出来ることなら発光ギミックを仕込んでみたいですねえ。

ではでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ


 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その7 ~下半身の修正~

さて、バンダイ・プラモ版のベイダー卿の改造手術も今回で一段落です(^∇^)ノ

今回は下半身の修正となります。
まずは腰アーマーから(=゚ω゚)ノ


ダース・ベイダー製作記28ダース・ベイダー製作記29


キットの腰アーマーは可動のため太腿の付け根が深くえぐれていて、中央の股間部分も長さがイマイチ足りません。
そこで、股間中央部分は予備パーツから先端を切り出しニコイチで延長。
さらに太腿の付け根部分をプラバンで2.5mm延長し、エポパテを盛り付けて形状変更しました。

実際に取り付けてみましょう!


ダース・ベイダー製作記30


素組みの時と比べ、足の付け根部分の隙間が目立たなくなり、自然なラインに出来ました(^^♪

そうすると、胴体側で2.4mm、さらに腰アーマーも大型化したので、このままでは相対的に短足気味になってしまいます(^^;
そこで、スネの中央付近でパーツを切断し1.2mmプラバンを挟んで再接着。
乾燥後、形を整え足を延長しました(^∇^)ノ
このままでは脛アーマーの接続が出来ませんので、裏側のリブを削り取っておきます。
膝部分のジョイントで保持されますので、ポロリの心配は殆どありません(^^♪


ダース・ベイダー製作記31ダース・ベイダー製作記32


さて、これでプロポーションの改造は一段落です!
さっそく状態を確認してみましょうヾ(o´∀`o)ノ
まずはマントを取った状態から。


ダース・ベイダー製作記33


バンダイキットのベイダー卿は、マントがないとヒョロッこくて相当貧弱な体系でした(´・ω・`)
今回、上半身をボリュームアップしたことでマントが無くてもそれなりに見える体系になったと思います(^^♪

では、マントを羽織った状態も見てみましょう!


ダース・ベイダー製作記35


少しでも「映画の中のダース・ベイダー」に近づけるように頑張ってみましたヾ(・∀・)ノ
腹部で2.4mm延長したことで、腰のベルトに手を掛けるお決まりのポーズがより自然に出来るようになっています。
脚の付け根も関節軸が見えなくなり、腰から脚への繋がりが自然になったと思います。

キットの全長が169mm、それに3.6mm延長してますので172.6mm、
1/12スケールですから換算すると身長は207cm(!)となります(;^_^A
ジャイアント馬場とあまり変わりませんね~( ̄▽ ̄;)
因みに公式では203cmとの事なので、若干身長が高くなっています。

さて、次は各部の合わせ目消しやらディテールアップですね!
プラ製のマントもどう処理するか考えなければなりません。

では、フォースと共にあらんことを~(*・`ω´・)ゞ


 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その6 ~胴体の修正~

さて、ベイダー卿は胴体の修正に入ります(^∇^)ノ

まずは肩アーマーの内側にプラバンを貼って1mm内側へ延長してみました。


ダース・ベイダー製作記22


隙間の軽減が目的ですので、前面のみ延長し後ろ側はそのままです。
マントで見えませんし、最低限の可動域も確保する事が出来ます(^^♪

お次は腹部の延長です。


ダース・ベイダー製作記23


キットのベイダー卿はちょっとお腹が寸詰まりな印象。
そこで、お腹の接続軸と腰の接続軸でそれぞれ1.2mm、計2.4mm延長しました。
プラバンを噛ませて真鍮線を通し、瞬着とエポパテでガッチリ固定しています。

それに伴い、内掛けのクロークとベルトの間に大きく隙間が出来てしまいますので
さらにここも修正していきます。


ダース・ベイダー製作記24ダース・ベイダー製作記25


腕の付け根は可動範囲確保のための切り欠きが大きく、胴体が細く見えてしまうため
エポパテを盛り付けて修正。
クロークには1.2mmプラバンを2枚貼り付けて、ベルトとの隙間を軽減しました。


ダース・ベイダー製作記26


エポパテはやや盛り過ぎな感じかな…この辺りは追々修正していきます。
一連の修正で腕の可動軸が丸見えになったり、胴体の細くヒョロイ印象は無くなったかと思います。

そして胴の延長により、私がベイダー卿が一番カッコ良く見えると思っている
「腰のベルトに手を掛ける」ポーズがより自然に出来るようになりましたヾ(・∀・)ノ


ダース・ベイダー製作記27


実際はもっと手首に角度が付いているので、この辺はまた再現用パーツを作る予定です(^^♪
可動範囲は制限されますが、元々そんなに激しいアクションシーンのあるキャラではありませんので
最小限のカッコイイポーズが取れれば十分だと思います。

さて、次回は下半身の工作ですね!
では、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ


 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その5 ~チェストアーマー修正~

さて、今回から胴体の修正です(=゚ω゚)ノ

ますは、劇中の映像でベイダー卿のチェストアーマーにご注目下さい(・Д・)ノ


ダースベイダー資料07


一番外側の銀色の帯の分部です。
その内側の銀色の分部より横幅が広くなっています。

これを踏まえて、バンダイ版を確認してみると…


ダース・ベイダー製作記18


一番外側の銀色の帯の部分の幅が明らかに足りません(^^;
恐らく腕を前方へ出すための可動範囲確保の措置だと思いますが
このせいで肩幅が異様に狭くなってしまってます。
腕の可動軸も丸見えで、随分と貧弱なイメージに…( ̄▽ ̄;)

ベイダー卿はもっとガッシリした体形でないといけません。


ダースベイダー資料08


スーツアクターを担当したデヴィッド・プラウズ氏は身長198cm、元ボディビルダーという超マッチョマンです。
プラモのベイダー卿はそんな体系とはかけ離れたヒョロいイメージなのでマッシブに修正していきます。

と言う訳で、チェストアーマーの左右にプラバンを貼り足し1.5mmずつ幅増ししました!


ダース・ベイダー製作記19ダース・ベイダー製作記20

ダース・ベイダー製作記21


隙間が見え難くなり、幾分しっかりしたイメージになりました(^^♪

さて、次回も胴体を弄っていこうと思います!

ではでは、フォースと共にあらんことをヾ(・∀・)ノ


 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その4 ~閑話休題・歴代マスクの比較~

ベイダー卿の改造手術は胴体の方に移りましたが、作業が進まず記事に出来ません(^^;
そこで今回は各エピソードにおけるベイダー卿の歴代のマスクを比較してみたいと思いますヾ(・∀・)ノ


まずは初登場「エピソード4・新たなる希望」版のベイダー卿。


episode4.png


目の上のラインが隠れるほど目深に被ったヘルメットが特徴ですね。
ヘルメットの中央、眉間の部分が鋭くとがっているのも大きな特徴です。
瞳が赤いのも印象的ですね。
他では口の△の右下のネジ?は先端だけがシルバーです。
製作者のブライアン・ミュアーによれば、ブラックとガンメタルによる左右非対称の塗り分けや口元の歪みなどは、ロボットに見えないよう左右で表情を付けるために行ったとの事。
ヘルメットは艶消しのような質感で、製作時間がなかったのか全体的にちょっと粗い仕上がりです。


さて、次は今製作している「エピソード5・帝国の逆襲」のベイダー卿。


episode5.png


ヘルメットの被りが浅くなり、目の上のラインが見えるようになりました。
ヘルメット中央、眉間の部分も少し丸みを帯びた形状に変更。
前回に比べて、顎下の▽のグリルも大きくなっています。
顔の塗り分けはガンメタルにシルバーの混入量が多くなり、よりハッキリ分かるようになりました。
ヘルメットはツヤツヤで、以降のベイダー卿のイメージを決定づけてます。


続いて「エピソード6・ジェダイの帰還」版のベイダー卿。


episode6.png


基本的な形状は帝国の逆襲版を踏襲しています。
大きな特徴としてはヘルメットの中央部分がよりなだらかに、直線に近い形状になりました。
写真は物語終盤の第二デススターでルークと対決する場面ですが、物語序盤ではピカピカだったヘルメットがこの頃には艶消しのような状態になっています。


さらに「エピソード3・シスの復讐」版のベイダー卿。


episode3.png


コンピューターでの設計になり、完全に左右対称の形になりました。
顔の塗り分けも廃止され黒一色に。
マスクの部分が小顔なのがかなり特徴的です。
これはアナキン役のヘイデン・クリステンセンがスーツアクターも務めた為、彼の顔の大きさに合わせているんだそうです。
造形的には一番面白味のないマスクです(爆)


最後に「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」版のベイダー卿です。


rogue one


エピソード4直前の物語だけあって、新たなる希望版のマスクにかなり忠実です。
顎下の▽グリルも小さめ。
クレニック長官との面会シーンではハッキリと赤い目が確認できます。
ヘルメットの中央は尖った形状ですが目の上のラインは隠れていなかったり、
ブラックとガンメタルの塗り分けもハッキリ確認できるなど帝国の逆襲版の要素も織り交ぜたハイブリッド仕様で非常にカッコイイ造形。
ラストの「ベイダー無双」はスターウォーズシリーズ屈指の名シーンになりましたね(*^▽^*)


歴代のマスクの比較、いかがだったでしょうか?
それぞれに個性があり、魅力的な造形になってますね(^^♪

私の個人的な好みでは「帝国の逆襲」と「ローグ・ワン」がかなり好みです。

さて次回は製作記に戻っていく予定ですヾ(・∀・)ノ
ではでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ


 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その3 ~頭部改修②~

今回も引き続き頭部の改修です(^^)/

バンダイ版のベイダー卿、マスクの顔部分は非常に男前で良くできているんですが
気になるのがこの矢印の顎下のライン。


ダース・ベイダー製作記13


劇中のベイダー卿を見てみると、もっと緩やかなラインになっていますね。
首自体も太くたくましい印象です。


ダースベイダー資料06


顎下の▽のグリルも劇中のマスクでは一段凹んで金網のディテールが見えます。
バンダイ版もモールド自体はしっかりしているんですが、抜きの関係で立体感がイマイチ。
この辺りを修正していきたいと思います!

まず、0.3mmプラバンの細切りを▽のグリルを覆うように接着。
その周りにポリパテを盛り付け、乾燥後削り込む事で顎下のラインを修正していきます。


ダース・ベイダー製作記14



▽グリルの金網部分が一段凹んだことで、別パーツっぽい奥行きが出てきました(^^♪
顎下のラインも緩やかになり、顎が前に突き出た印象も緩和された気がします。


ダース・ベイダー製作記15

ダース・ベイダー製作記16

ダース・ベイダー製作記167


顔の整形はこんな感じですかねヾ(・∀・)ノ
後でまた修正箇所が出てくるかもしれませんが、取り合えず先へ進みましょう!

という訳で、次回は胴体の改修になります!


ではでは、フォースと共にあらんことを~(=゚ω゚)ノ


 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その2 ~頭部改修①~

さて、今回から早速ベイダー卿の再改造手術に入っていこうと思います!

今回発売当初に買って組み立ててあったキットとは別に、製作用にもう一つキットを購入しました。
ヨドバシのポイントが溜まってたので実質500円位の出費です(^^♪
一方は予備パーツとして取っておけますし、これで気兼ねなく改造できますね!

まずはヘルメットの改修からです(^^)/

では、目指すべきベイダー卿のあるべき姿を確認しておきましょう!


ダースベイダー資料04


こちらは「エピソード5・帝国の逆襲」のDVDからキャプチャした画像です(^^♪
マスクの左右非対称の塗り分けパターンも鮮明に確認できますね!

これを踏まえたうえでバンダイ版を見てみると…


ダース・ベイダー製作記10


単体で見ると特徴を捉えてはいるのですが、劇中のベイダー卿と比べるとヘルメットのヒサシの角度がかなり異なります。
劇中に比べて目尻の辺りのヒサシが前に出っ張り過ぎている感じで、目つきが悪くなってしまってます。
ヘルメットの裾の長さも短い気がします。
マスクの形状は概ね良好なので、組んだ時に顔が違って見えてしまうのはおそらくこのせいです。

改造個所を確認し易いようにざっとサフを吹いてみました(=゚ω゚)ノ


ダース・ベイダー製作記11


マスクは予備パーツで、試しにエナメルで左右非対称に塗り分けています。
ヘルメットの黒で塗った部分を削り込み、もっと緩やかな曲線に変更していきます。
さらに、ヘルメットの裾にプラバンを貼って1mm延長してみました。


ダース・ベイダー製作記12


ヘルメットのフチは内側からデザインナイフでカンナ掛けして薄くしてあります。
さらに側面を削り込んで横へ広がり過ぎな印象を緩和してみました。


僅かな違いですが、結構「帝国の逆襲」のベイダー卿に近づけたかなと思います(^^♪


さて、次回はマスクの方の修正です(^^)/
ではでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ


 | ホーム | 

# 1/12 ダース・ベイダー 製作記 その1 ~仮組~

今月で当ブログも1周年となります!

この一年沢山の方と相互リンクさせて頂き、本当にありがとうございます!(*^▽^*)

そして、気づけばカウンターも10000を超えておりました。
いつも訪問してくださって本当にありがとうございます!

拙いブログですが、今後ともよろしくお願いします!

さて、1周年記念という訳ではないんですが、当ブログにもついに暗黒卿の登場です((((;゚Д゚))))


ダース・ベイダー製作記01


キット自体はバンダイのスターウォーズのプラモでは最初期のものです。
ベイダー卿は各エピソードで全てマスクの形状やコスチュームが異なっているんですが
このキットではベイダー卿の決定版と言える『エピソード5・帝国の逆襲』バージョンを再現。
今見るとちょっと設計が古臭かったり、色々改修したいところの多いキットでもあります(^^;
仮組…といってもこれと言って目立つところも無いので(汗)サクサクっと行ってしまいましょう(=゚ω゚)ノ

まずは頭部から。


ダース・ベイダー製作記02


ヘルメットとマスクはグロス調のプラが使われていて、無塗装でも質感が楽しめます。
ヘルメットはスライド金型の一体形成でアンダーゲートという豪華仕様!

続いて上半身です。


ダース・ベイダー製作記03


チェストアーマーはメタリック仕様のプラが使われています。
胸の生命維持装置は色分けが必須ですね。

お次は下半身。


ダース・ベイダー製作記04


脛当てはグロス調のプラです。
股関節の周辺にやや隙間が目立つのが難点ですね。

合体させてマントを着ければ、ベイダー卿の降臨です(^∇^)ノ


ダース・ベイダー製作記05


マントは3分割されたプラパーツで稼働範囲も確保していますが、繋ぎ目がかなり気になるところ。
ここがこのキット最大の難点でしょうね。
頭が大きいプロポーションですが、実際もスーツアクターのデイビット・プラウズ氏の頭が元々大きいのでこうなったとのこと。
ですのでこれで正解っちゃ正解です(笑)

ライトセーバーも持たせてみました!


ダース・ベイダー製作記08


かなり赤黒い成形色です(;^_^A
イメージとしては先に行くにつれてもう少し細くなるイメージかな。

さらに映画のシーンを真似て撮影(=゚ω゚)ノ


ダース・ベイダー製作記06
暗黒面のパワーは素晴らしいぞ!

ダース・ベイダー製作記07
手を伸ばせ!それしか道はないッ!

さらに、サンドトルーパー達にも登場してもらいました(^∇^)ノ


ダース・ベイダー製作記09


やはりベイダー卿はアオリの角度が一番カッコイイですね!
インペリアル・マーチが聞こえてきそうです!

さて、色々改修したい点のあるこのキット。
いつもはあまりプロポーションの改修はしていませんが、今回は徹底改修しようと思います。
上手くいくかは分かりませんが、ヨーダもこう言っています。

“No. Try not. Do. Or do not. There is no try.”(やるか、やらぬかだ。試しなどいらぬ)

と言う訳で、次回からは色々と弄っていこうと思います!
ではでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ



 | ホーム | 

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# アクセスカウンター

# 最新記事

ドラクエ11にハマってしまいました(;^_^A Aug 12, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その9 ~ライトセーバーを発光させよう!~ Jul 22, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その8 ~手首の修正~ Jul 20, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その7 ~下半身の修正~ Jul 12, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その6 ~胴体の修正~ Jul 09, 2017

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ