# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その7 ~R2-BHDの塗装~

さて、今回からいよいよ塗装に入っていきます(^-^)/

まずは、R2-BHDからです!
でも「R2-BHD?なんだそりゃ??」って方が大半だと思います(^^;

簡単に説明すると、Yウイングのゴールドリーダーに搭載されている全身がシルバーのアストロメク・ドロイドです。


R2-BHD_Rogue_One.png


最近はローグ・ワンの関連トイとして1/10でリリースされたり、映画のパンフレットにも乗っているので大分露出が増えてきてますね!
基本的にシルバー一色という漢らしい配色なので、塗装派には大変優しいドロイドです(笑)

まずはサーフェイサーを吹いてから、自家製ベースグレーを全体に塗布。


Y-wing 29


スカリフの帝国軍基地にいるC2-B5ではありません(笑)
さらにミスターカラーのスーパーシルバーを吹き、エナメルのチタンシルバーで設定写真を参考に細部を塗り分け。
スミイレのあと、ツヤ消しで薄めにコートしました。


Y-wing 30


Y-wing 31


塗り分けは殆ど分からなくなっちゃいました(;^_^A
XウイングではR2-D2の塗り分けに滅茶苦茶苦労しましたが、R2-BHDはホント塗装派に優しいドロイドですね(笑)
最後にR2-D2とベイダー卿も一緒に記念撮影。


Y-wing 32


やっぱり、R2-D2はちょっと粗いですね( ̄▽ ̄;)
いつかRed3やRed Leaderを製作するときにリベンジしたい部分ではあります。

さて、次回はコックピットやパイロットフィギュアの方ですね!

ではでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その6 ~エンジンポッドの改修~

Yウイングはエンジンポッドの改修に入ります(^-^)/
ここを越えれば機体の改修作業は終了となります。
あともう少しで塗装です!

まずはエンジンノズルのパーツから。


Y-wing 25


ノズルの中央の穴をピンバイスで開口しました。
さらにフチの部分はデザインナイフのカンナ掛けで薄くしています(=゚ω゚)ノ

次は推進偏向板です(・Д・)ノ


Y-wing 26


こちらもパーツのフチを中心にデザインナイフでカンナ掛け。
細いパーツが多いので折らないように気を使いました(;^_^A

最後に合わせ目消しですね。


Y-wing 27


丸いリングの内側には支柱をハメ込む際に合わせ目と段差が出来てしまいます。
ここは一旦流し込み接着剤で固定し、乾燥後に黒瞬着を盛って処理しました。

これにてYウイングの機体の改修は終了です(^∇^)ノ


Y-wing 28


組み立ての難易度は、今まで組み立てたどのバンダイのスターウォーズキットより高いです。
スナップフィットという制約もあるので、パーツが破損し易いのも困りものですネ(^^;
でも、組みあがった時の満足度は物凄いものがあります!

さて、次回からいよいよ塗装です(^-^)/
最初はXウイングの時と同様にR2ユニットからやっつけて行こうと思います。

それでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ

 | ホーム | 

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その5 ~機首&R2ユニット改修~

さて、Yウイングですが作業中にまたしてもパイプが折れました\(^o^)/

もはや、Yウイングの製作とパイプの破損は切っても切れない仲の様です(;^_^A
折れたパイプは機体裏側だったので、幸いあまり目立なかったのが不幸中の幸い。
瞬着でくっつけてヤスリで均しました。
ちなみに写真を撮っている余裕はありませんでした( ̄▽ ̄;)

前回はコックピットの改修が中心でした。
蛇腹ホースを追加し、窓枠をシャープ化。


Y-wing 21


蛇腹ホースのチラ見えが良い感じです(^^♪

次に、下面のプロトン魚雷の発射口です。
ここは開口されてませんのでピンバイスで穴を開けました。


Y-wing 22


この角度から見ると顔に見えて仕方ありません(笑)

さらに、R2ユニットの収納ボックスの改修です(=゚ω゚)ノ


Y-wing 23


スタジオセットの1/1プロップではこの位埋まってたような気がしますが、ここは劇中のシーンやXウイングに合わせて、もう少しR2ユニットをかさ上げしていきます。


Y-wing 24


何となくこちらの方が劇中のイメージに近い気がします(*^_^*)

因みに劇中でもヤヴィン4の基地内のスタジオセットではR2ユニットがただのドーム状のディテールだったり、デススタートレンチに突入するシーンでゴールドリーダーとゴールド2にR2ユニットが搭載されてなかったり(ただの乗せ忘れミス?)と色んな違いがあるようです(^^;

ルークのレッド5もスタジオセットでは外観がウェッジのレッド2の流用だったりしますから、EP4の段階では設定が固まって無かったのかもしれません。


さて、次回はエンジンポッドの改修です(^^)/
パイプ折らないように気を付けないと( ̄▽ ̄;)

ではでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ

 | ホーム | 

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その4 ~コックピット等の改修~

さて、Yウイングはパイプの処理が終わったので機体の改修に移ります(^-^)/

コックピットにXウイングの時と同様、スプリングパイプで蛇腹ホースを追加しました。


Y-wing 17

Y-wing 18


スプリングの中に金属線を通し、ある程度表情がつけられるようにしています(^^♪

次はキャノピーの窓枠をシャープ化(=゚ω゚)ノ


Y-wing 20


左が加工後、右が加工前です。
目立つ部分ですし、ここがシャープになるとかなり引き締まった印象になります(*^▽^*)

さらに、機首の側面のディテール処理です。


Y-wing 19


ここは抜きの関係からか非常にモールドがダルい感じです。
一旦全部削り取り、プラシートを貼って作り直しました。
かなり目立つ部分なので効果は高いと思います!
削り取る前に一旦写メっておけば、後から確認できるので作業が非常に楽です(^-^)/


さて、次回もディテールの調整やらが続きます(^^;
梅雨になる前に基本塗装は終わらせたいけど…どうかなあ(;^_^A

ではでは、フォースと共にあらんことを!(*・`ω´・)ゞ

 | ホーム | 

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その3 ~パイプ地獄~

さて、Yウイングは仮組を一旦ばらして接着できるところは接着しつつパーツ整形していきます(=゚ω゚)ノ
ベースに接続したところ、重心がやや前にあるような気がしたので板鉛を機体後方に仕込んでみました。


Y-wing 11


効果のほどは分かりません(;^_^A
翼の部分は唯一合わせ目が目立つ部分なので黒瞬着で処理。


Y-wing 12

Y-wing 13


さて、ここからいよいよパイプ地獄に突入です( ̄▽ ̄;)
仮組をばらす段階で当然のように追加でパイプが折れました\(^o^)/
仕方ないので真鍮線で自作していきます。


Y-wing 14


似たような形になるようにラジオペンチで曲げていきました。
他のパイプもパーティングラインがありますので、折らないように慎重にヤスリ掛けしていきます。
胴体にはXウイングのような稼働する部分は無いので、パイプは接着してしまいます。

…数時間かかって、ようやくパイプの処理が終わりました( ̄▽ ̄;)


Y-wing 15

Y-wing 16


折れたところ以外にも、シャキッとしたラインが欲しいところは真鍮線に置き換えています。
特に機体とエンジンポッドを繋ぐパイプは折れ易いので注意です。
取説のようにエンジンポッドを付けてからパイプをハメ込むと、どうしても負荷がかかって折れる確率が上がります。
ここは、一旦機体側にパイプを接続しておいてから、エンジンポッドを接続する方が良いかと。

次回はコックピットやらエンジンやらの改修です!

ではでは、フォースと共にあらんことをヾ(・∀・)ノ



 | ホーム | 

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その2 ~仮組②~

Yウイングの仮組の続きです(^^)/
組みあがった胴体に無数のパイピングを施しました!


Y-wing 06


…これ、めっちゃ難しいです(;・∀・)
プラ素材の「しなり」を利用して嵌め込むようなところもあって力加減を間違えると…


Y-wing 10


こうなります\(^o^)/
パーツ請求するにも、銀行で小為替買うのメンドクサイし、届くまで時間かかるし…(-_-;)
早くも暗黒面に堕ちそうです( ノД`)

取り合えず、破損パーツは保留して左右のエンジンポッドです(=゚ω゚)ノ


Y-wing 07


これも素晴らしい造形ですね!
支柱と先端のリングの接合部に合わせ目が出来るので、ここは綺麗に処理したいところ。

組み合わせれば、Yウイングのシルエットが完成します!


Y-wing 08


う~ん、カッコイイ(o゚∀゚o)
ホント、プロップそのまんまって感じです!
Xウイングよりも大柄でボリュームがあるので、凄い迫力。

最後にビークルモデルのYウイングとの比較ですヾ(・∀・)ノ


Y-wing 09


やっぱり1/72はデカいです!
ビークルモデルもそのまんま縮小したような感じで、やっぱり凄いキットです。

さて、次回は破損したパイプを何とかしないといけません。
やっぱり金属線で自作かなあ(´・ω・`)

それでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ


 | ホーム | 

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その1 ~仮組①~

サクッと作れるAT-STの製作も終わったので、今回から「1/72 Yウイング」の製作に入ります(=゚ω゚)ノ
むき出しの配管のメカメカしさが超カッコイイですよね(^^♪
パーツ数も多く、組み立てや塗装も複雑なので腰を据えて掛からねばなりません( ̄^ ̄)ゞ


Y-wing 01


Yウイングといえば、エピソード4ではベイダー卿の駆るタイ・アドバンスドX1に殆どの機体を撃墜され、華々しい活躍をみせるXウイングとは対照的なやられメカ的な地味ポジションでした(;^_^A
でもローグ・ワンではスターデストロイヤーにイオン魚雷をブチ込んで機能停止させ、スカリフの防御シールドを破壊する切っ掛けを作るなど、その鬱憤を晴らすかのような大活躍を見せてくれます!

そんな「カッコ良いYウイング」を目指して、いざ製作開始!!

まずは機種部分からです。


Y-wing 02


パイロットはEP4版とEP6版の選択式です。
今回はローグ・ワンとEP4に登場したゴールド中隊1番機「ゴールド・リーダー」を製作しますので当然EP4版を選択!
キャノピーは写真のものと開閉式の透明パーツのものが付属。
黄色いVマークは嬉しい別パーツ!

続いて胴体部分です。


Y-wing 03

Y-wing 04


Yウイングといえば、ゴチャメカの美学
と言う訳で、今回バンダイさんはいつにもまして本気(マジ)です(;^ω^)
特徴的な無数の配管は別パーツで再現。
この素体となる胴体ブロックに一本一本パイプを張り巡らしていく構成です。

これがそのパイプのみで構成されたランナーです(;^_^A


Y-wing 05


作り易さよりもディテール優先という非常に尖った構成ですね!
正にバンダイはここまでやります!という決意表明のようです。

さて、次回は胴体にパイプを巡らせていきます!

ではでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ


 | ホーム | 

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# アクセスカウンター

# 最新記事

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ