# 海洋堂 MOVIE REVO ノーチラス号 レビュー

楽しみにしていた海洋堂の「MOVIE REVO ノーチラス号」がついに発売されました(*^▽^*)
今回は本体とミニヴィネットのセットですから、我が家では7隻目と8隻目のノーチラス号になります(^^♪
早速見ていきましょうヾ(・∀・)ノ


ムービーリボ・ノーチラス号7

ムービーリボ・ノーチラス号8

ムービーリボ・ノーチラス号9


材質はABS製で中に重りが入っているのか金属モデルのような重量感があります。
塗装もメガソフビ版に比べ、より劇中に近いメタリックな焦げ茶色のような色合いに。
メガソフビ版は船体中央にガッツリ合わせ目がありましたが、今回は事前情報通り外装に目立つ分割線はありません!

続いて細部のアップです(^∇^)ノ


ムービーリボ・ノーチラス号10

ムービーリボ・ノーチラス号11


船体各部の鋸刃は非常に薄くシャープな造形。
操縦室の窓はシルバーで塗装された上からクリアーパーツが嵌め込まれています。
メガソフビ版はただの画用紙っぽい感じだったので、これは嬉しいですね(^^♪
船体のリベットはかなり簡略化されてしまっています。
この辺りは2001年頃のプライズ版のノーチラス号でもしっかり再現されていた部分なので、もう少し頑張ってほしかったかな。
塗装はムラのある部分が多いので、いずれリペイントしてみたいです。

お次は船体のギミックです(=゚ω゚)ノ


ムービーリボ・ノーチラス号12

ムービーリボ・ノーチラス号13


船体4か所のハッチが全てオープンできます(^∇^)ノ
さらに小舟の取り外し、スクリューの回転、方向舵の稼働など多彩なギミックを内蔵。
一方で錨や潜水舵は固定式です。

最後にライトアップギミックです(^-^)/


ムービーリボ・ノーチラス号15


電池はこの部分にボタン電池を収納しています。
スイッチはハッチの内側にあり外観を損なわないように配慮されています。


ムービーリボ・ノーチラス号14


私の購入した個体は電池の容量が少なかったのか、光量が落ちてきてしまいました(;^_^A
実際はもっと明るくハッキリと光ります。
サロンの展望窓は塗装の関係か遮光が上手くいっていない部分もあったので
出来る限りリタッチしてあげた方が良さそうです。

最後にオマケのミニヴィネットのノーチラス号ですヾ(・∀・)ノ


ムービーリボ・ノーチラス号16

ムービーリボ・ノーチラス号17


映画終盤でヴォルケイニア島の海底洞窟を進むイメージですね(^^♪
非常に良い構図だと思います!
が、やっぱりノーチラス号の造形がイマイチかな(;^_^A
スクリューも省略されちゃってるし。
ディズニーシー開園当時、ノーチラスギフトで売ってた携帯ストラップに付いてたノーチラス号と同じくらいの大きさですが
あちらの方が良い造形です(リベットは凹みモールドでしたが)。

しかし台座部分にはファン必見の細かい装飾が施されています(^^)/


ムービーリボ・ノーチラス号18


サロンの展望窓の開閉レバーとパイプオルガン上部の「N」マークを合わせたデザイン。
非常にカッコイイです(*^▽^*)

総評としては、造形はメガソフビ版を基準としつつも完成度の高いフィギュアになっていると感じました!
一万円以下という価格設定で、シャープな造形とライトアップギミックが楽しめるのは凄いですね。
一方で塗装はややムラの目立つ仕上がりですので、気になるならリペイントしてあげれば良いかと。

メガソフビは置き場がないし、ダイキャストエイジは手に入らないという方に強くお勧めしたいですね!

私もいずれリペイントして、もう少し金属っぽい質感にしてみたいと思います。
ではでは~ヾ(・∀・)ノ



スポンサーサイト
 | ホーム | 

# MOVIE REVO ノーチラス号 7月29日発売!!

海洋堂のノーチラス号、ついに発売日が決まりました(^^)/
2017年7月29日、価格は¥9,288(税込)です。
それに伴って新たな画像と詳細が発表されています。
早速見ていきましょう!


ムービーリボ・ノーチラス号6


まず、ブランドが「センムの部屋」から「MOVIE REVO」に変更になりました。
まあ、これ自体は別にどこでも構いません(^^;

大きさは、本体のノーチラス号が26cm、ミニヴィネットが7cmです。
エクスプラスのノーチラスが38cm、セガのプライズ版が約20cmですから、調度中間位の大きさ。


ムービーリボ・ノーチラス号1


ヴィネットのノーチラスが相変わらずモッサリ気味ですが、デザインはカッコイイですね(*^▽^*)
台座にサロンの展望窓を開けるためのレバーがあしらわれているのがマニアックでニクイです。

さらに、今回驚きの仕様が発覚しました!
なんと電飾付きです!
艦橋のサーチライトとサロンの展望窓が発光します!


ムービーリボ・ノーチラス号2

ムービーリボ・ノーチラス号3


これは嬉しい仕様ですね(^^♪
やはり「光る」というのは大きな個性ですから。
欲を言えば、艦橋の部分も発光して欲しかったですね。

スイッチはハッチの内側に付いており、搭乗ハッチは全て稼働するそうです。
ただ、一つ疑問点が…
電源が何なのか全く記載がないんですよね。
乾電池なら収納スペースがどこになるんでしょう??
実は製品版では目立つ所に合わせ目があったり(メガソフビではそうでした泣)したら、興ざめです(´・ω・`)
電池を使うという記載自体もないですし、USBで充電式という可能もありえますね。


ムービーリボ・ノーチラス号4


スクリューと舵は可動式、小型ボートも取り外しができます。
スクリューの形が劇中のと違うんですが、メガソフビも同じだったので単にデータを流用しただけなのかも。


ムービーリボ・ノーチラス号5


メガソフビは「大きさありき」の所があって、至る所にパーツの歪み、整形不良が見受けられ、塗装も雑でガッカリした方も多かったと思います。
なので今回も、実は製品版にはメガソフビと同じように本体中央にガッツリ合わせ目があって、そこに電池収納とかなんじゃないか…という恐怖感もあります(^^;
今回こそは海洋堂の本気を見せてもらいたいですね!

既に予約は済ませたので、購入したらまた紹介したいと思います!
それでは~ヾ(・∀・)ノ

 | ホーム | 

# 海洋堂「海底二万マイル・ノーチラス号」今夏発売!!

こんばんは!ノーチラス号を愛してやまないTARE-MAXです(^^)/

昨年発表されてずっと気になっていた海洋堂のノーチラス号、夏発売で決定だそうです。
夏といえば私の大好きなパイレーツオブカリビアンの新作も公開されますし、楽しみがまた一つ増えちゃいました(*^_^*)

以下、画像は電ホビさんの所からお借りしたものです(=゚ω゚)ノ


1819-440x293.jpg


DVDケースから判断すると大きさは25cm位でしょうか?
ダイキャストエイジのノーチラスより一回り位小柄ですね。


1920-440x264.jpg


かなりメタリックの強い色彩ですが、この辺は試作段階だからでしょうかね。
船体のリベットのパターンはかなり簡略化されています。
この辺はメガソフビアドバンスの縮小版と言えそうです。


2019-440x476.jpg


こちらは付属のミニヴィネットのノーチラス。
ヴィネットとしてはカッコイイんですが、ノーチラスがなんかこう…
ズングリムックリというかシャープさに欠ける気がします(;´・ω・)
ミニサイズならやはりホールマークのノーチラスが一番出来が良いですね。


2122-440x329.jpg


価格は一万円を切ってきました!
これ位なら気軽にリペイント出来そうです(*^^*)
ダイキャストエイジのは価格が価格なんで怖くて中々リペイントする気になれません(^^;


メガソフビのノーチラスでは結構ガッカリされた方も多かったようですが、今回は大きさも手ごろでディテールが犠牲になることもなさそうですね!
今から発売が楽しみです!

それでは~(^∇^)ノ


 | ホーム | 

# 海洋堂から新たなノーチラス号フィギュアが発売されるそうです!

なんと海洋堂から新しくディズニー版ノーチラス号のフィギュアが発売されるそうです!



IMGP2693(1).jpg
写真は電ホビさんの所からお借りしました


今回は「センムの部屋」ブランドからのリリースのようです。
大きさはどれ位なのか詳細は分りませんが、他の「センムの部屋」シリーズの商品は20cm前後のものが多いので大体それ位?
だとしたら、昔のセガプライズ品のノーチラス位の大きさですね。

形状はまんまメガソフビアドバンスの縮小版といった感じです。
よく見ると船体のリベットの省略の仕方まで同じです(笑)
原型師の方もメガソフビで担当された方と同じ方ですね。


IMGP2694(2).jpg
写真は電ホビさんの所からお借りしました



素材はABSとソフビみたいです。
台座がABSで本体がソフビなのか、メガソフビのように部分的にABSが使われてるのか気になるところです。

さらに今回はヴィネット風のミニモデルが付いてくるみたいですね!
ちょっとノーチラス号の形状がもっさり気味なのが気になりますが(汗)台座の形等、結構凝った造詣のようです。


我が家に停泊するノーチラス号がまた一隻増えちゃいますね!

我が家のノーチラス号
奥から海洋堂メガソフビアドバンス、エクスプラス(ABSモデル)、TDSスタチュー、セガプライズ景品、ホールマーク、エクスプラス(ダイキャストエイジ)


海洋堂のメガソフビはその大きさからか、船体やパーツの歪みが凄かったので、二周りくらい小さくてもディテールがしっかりしたのが欲しいなあと思っていました。
今から発売が楽しみです(*^_^*)
 | ホーム | 

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# アクセスカウンター

# 最新記事

1/12 ストームトルーパー 製作記 その1 ~仮組~ Oct 16, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その18 ~マント等の塗装~ Oct 09, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その17 ~アーマー類の塗装~ Oct 04, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その16 ~マスクの塗装~ Oct 01, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その15 ~表面処理③~ Sep 29, 2017

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ