# 1/72 Xウイング 製作記 その13 ~完成!~

さて、ベースの製作記事を…と思ったんですが、特に個別に記事にして書く程の内容がありません(笑)
ですので、今回は完成写真になります(^^)/


1-72 X-wing64

1-72 X-wing65


ベースはウィノーブラック→明灰白色をエアブラシで塗装。
その後エナメルのジャーマングレーでスミイレ&ウォッシング。


1-72 X-wing66

1-72 X-wing68


やはり多少斜めにした方が動きが出ますね(*^_^*)
ただこのベース、一々軸を外して角度を変えなきゃいけないので非常にメンドクサイです。
この点はアクションベースの方が優れてますね。


1-72 X-wing67


プロトン魚雷、発射!!
エフェクトパーツは表面処理後、艶消しクリアーを吹きました。

続いて細部のアップです。


1-72 X-wing69


コックピットは1mmスプリングで蛇腹ホースを追加。
R2D2はキットのままでは埋まり過ぎな印象だったので、劇中を参考に1mm程度かさ上げしています。


1-72 X-wing70

1-72 X-wing71


メカパネル部分はプロップではグレーですが、好みでメタリックにしてみました。
後部のモールドが少し埋まってしまったのが残念。


1-72 X-wing72


【塗装レシピ】
・機体色…グレーFS16440
・本体赤…レッドFS1136
・本体黄…イエローFS13538
・本体グレー…ニュートラルグレー(濃淡に合わせ混色)
・本体緑…ガンダムカラー/グリーン27
・キャノピー…エアスぺリオリティーブルー
・メカ部分…焼鉄色
・ベース…明灰白色


いや~、マスキングにフィギュアの塗装にと随分苦労しました(^^;
特に翼のマスキングは一回失敗してるので、今度RED3等を作る機会があればリベンジしたいですね!

これにて1/72 Xウイングの製作記は終了です(^^)/
お付き合いいただき、ありがとうございました!

次回はまたガンプラになる予定です(*^_^*)
それでは、フォースと共にあらんことを!(*・`ω´・)ゞ
スポンサーサイト

# 1/72 Xウイング 製作記 その12 ~ウェザリング~

さて、Xウイングもいよいよウェザリングへ突入です(^^)/

まずは下準備として、一旦全てのパーツを艶消しクリアーでコートします。
スス汚れや剥がれ等のウェザリングは、バラした状態でパーツごとに行うと組み上げた時に統一感がなくなってしまう恐れがあるので、ここからはある程度組み上げながら行っていきます。


1-72 X-wing57


機首部分です。
赤やグレー部分に機体色で塗装剥がれを面相筆で書き込みました。
その後、エナメルのジャーマングレーでウォッシング、艶消しでコートしています。
コックピットのマスキングにはクリアーパーツのキャノピーを利用しました。
完成後は防風のないフレームのみの物を使う予定です(*^_^*)


1-72 X-wing58


ノーズコーンの部分はスス汚れを追加。
トップコート用の艶消しクリアーにごく少量ブラックを加えて作ったスモークグレーをエアブラシで吹いています。

続いて左右のウィングの部分です。


1-72 X-wing59

1-72 X-wing60


写真ではR2が乗ってますが、外した状態で作業しています。
こちらも塗装剥がれは面相筆での書き込みで再現しました。
特徴的な帯状の汚れ(被弾後?)は、まずエナメルのジャーマングレーを含ませたスポンジで細かいチッピングをした後、筆で塗料を点々と置いていく感じで書き込んでみました。
その後、一旦艶消しコートし、ウォッシングした後に先ほどのスモークグレーで馴染ませています。


1-72 X-wing62


ウィングの裏側もプロップを参考に汚れを書き込み。
こちらは奥まった所にあるので、本体に組み込む前に作業しています。


1-72 X-wing61


エンジンノズルはプロップでもかなり真っ黒に汚れているので、自作スモークグレーで念入りに。


1-72 X-wing63


コックピットの周りにも目立つスス汚れがあるので、(R2は外した状態で)スモークグレーを吹いていきます。
他にもレーザーの先端や機体裏側など様子を見ながら吹き付けていきました。

あまりやりすぎると真っ黒なXウイングになってしまうので加減が難しいです^^;

さて次回は完成写真と行きたい所ですが、ベースがまだでしたね。
今回、緑のアクションベースだったのはベースが塗装中だったからです(笑)

何とか年内に終わりそうですね!
ではでは、フォースと共にあらんことを!( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その11 ~退色表現・デカールなど~

さて翼のマーキングに続き、レーザー砲にも青い螺旋模様のデカールを貼っていきます(^^)/
デカールの合わせ目は下に来るように調整してます。


1-72 X-wing53


エンジン吸気口の縁もマスキングで塗り分けます。
ニュートラルグレーとミディアムブルーで8:2くらいの混色です。


1-72 X-wing54


機体上面と後部のメカ部分は考えた末、金属色で塗装しました。
焼鉄色にクリアーオレンジをランダムに吹きつけ、エナメルのハルレッドでウォッシング、フラットアルミでドライブラシ。


1-72 X-wing56


期待もパネルラインにスミイレ後、ベースカラーを上掛けして退色表現しました。
カラフルな色合いが良い感じに馴染んできますね(*^_^*)
全体的にぼやっとした感じになるので、スミイレはグレーではなくブラックで行いました。


1-72 X-wing55


さて、ウェザリングはまた次回ですね。
劇中のプロップモデルを参考に、ある程度組み上げながら行っていきます。

ではでは~フォースと共にあらんことを!(=゚ω゚)ノ

# 1/72 Xウイング 製作記 その10 ~続・マスキング塗装~

いよいよ、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されましたね!
EP4直前のお話という事で旧三部作ファンには溜まらない映画となってそうで楽しみです!

さて、前回失敗した翼の部分のマーキングですが、一旦塗装を落とし再塗装後、デカールを貼りました(=゚ω゚)ノ
今回は流石にラインもカッチリして良い感じですね。
ついでにグレーのパネルラインもマスキングして塗装しました!


1-72 X-wing46


ですが、やはり失敗した部分も…
マークソフターの着けすぎかデカールが破れてしまいました。
これをリタッチしていきたいと思います。


1-72 X-wing47


使用しない機首側の赤いラインのデカールから同じ幅の分だけ切り出して…


1-72 X-wing48


上から貼り付けます。
ほとんど分からない位にリカバリー出来ました(*^_^*)


1-72 X-wing49



さらに機首部分の塗り分けです。
ここは嫌がらせのように左右非対称でラインも複雑なのでめっちゃ苦労しました(泣)


1-72 X-wing50


他の部分も左右非対称ですが何とか塗り終えました。
イエロー、薄いブルー、薄いグリーン、グレー、薄いグレー、濃いグレーと何と6色も使ってます(汗)
Xウイングって実は凄いカラフルな機体ですよね。


1-72 X-wing51

1-72 X-wing52


塗り分けもやっと終わり、次回はスミイレとウェザリングに入っていきます!
ウェザリングはスターウォーズの肝と呼べる部分ですから、念入りに汚していく予定です。

ではでは、フォースと共にあらんことを!(*・`ω´・)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その9 ~マスキング塗装~

さて機体の塗装が終わり、ここからはマスキングによる塗り分けです(^^)/

さっそく翼の赤いマーキングから行ってみました!
付属のシールを切り出し、ガイドにしてひたすらマスキング。
これを4つもやるのはさすがにシンドイ…


1-72 X-wing41


う~ん、塗料を薄めすぎたかな…
何だか嫌な予感がします。
とりあえず、マスキングを剥がしてみましょう。


1-72 X-wing42


遠目から見ると概ね上手く行ってそうですが…


1-72 X-wing43


マスキングの境目の毛羽立ちが酷く、縦の赤いラインも筋彫りの内側に均等に5つ入ってなきゃいけないのにかなり右にズレてます。
この写真はリタッチしてるんですが、薄めすぎた塗料が入り込んで食み出しもあちこちに。
マスキングテープが細い部分はラインがよれてしまってる部分も…。
これは流石にアウトなので、後日塗料ごと落として再塗装し、素直にデカールを張り込みます。
…フォースの暗黒面に落ちそうです( ノД`)


1-72 X-wing45


インテークの黄色は上手くいきました!
機首側もイエロー、水色、グレー部分をマスキングで塗り分けました。


1-72 X-wing44


こちらは成功ですね!
パネルラインに沿った塗り分けなので、マスキングも簡単です(*^_^*)
ここからさらに細かい塗り分けがあります。

さて、次回も引き続きマスキングですね。
翼の赤いラインとレーザーの青い螺旋はデカールで、パネルラインの塗り分けはマスキングで対応する予定です。

ではでは、フォースと共にあらんことを!( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その8 ~ベースカラーの塗装~

いよいよ本体の塗装になります(^∇^)ノ

今回も黒立ち上げです。
8年前に買ってあったグレー系の塗料をテキトーに混ぜて作った自家製ブラックが底を尽きたので、まずは全てのパーツをウィノーブラックで塗装します。
隠ぺい力が高く、光沢も良い感じですね!


1-72 X-wing37


ポー・ダメロン専用機ではありません(笑)
いずれはあっちのXウイングも作りたいなあ…

モールドの奥まった部分にもしっかり乗せていきます。


1-72 X-wing38


そして、ベースカラーとなるグレーFS16440を塗装。
均一に吹くのではなく、少しムラが残るように加減していきます。


1-72 X-wing39


1-72 X-wing40


この後はいよいよデカール&塗り分け作業ですね^^;
翼の赤いライン等は今だデカールかマスキングか悩み中です。

ではでは、フォースと共にあらんことを!(=゚ω゚)ノ

# 1/72 Xウイング 製作記 その7 ~エンジン等の塗装~

さて、ドンドン塗装しないと終わりませんので塗れる所から片付けていきましょう(=゚ω゚)ノ
まずはエンジンやバーニア等のメタリックの部分からです。


1-72 X-wing32


エンジン部分です。
まずはブラックを吹き、焼鉄色を乗せていきます。
その後、クリアーオレンジ、クリアーブルーをランダムに吹きつけ焼け表現。
スミイレ後に艶消しでトップコート、ハルレッドでウォッシングして最後にエナメルのフラットアルミでドライブラシです。

ドライブラシは金属感が残るようにトップコートの後に行いました(*^_^*)

吸気口のファンの部分も焼鉄色で同様に。


1-72 X-wing33


バーニアノズルも手順は同じ。
こちらは最後にスス汚れを追加していく予定です(^^)/


1-72 X-wing34


機体上部や後部のメカ部分はバンダイの取説ではガンメタルっぽい色になってます。
でも映画やプロップの写真を見てももっと機体色に近い濃い目のグレーのような気が…
もしかしたら1/1セットではそういう塗り分けなのかもしれませんが、イメージと違うので今回は普通のグレーにします。
ウェザリングで金属感を出していく予定です。


本体の合わせ目消しも進めていかないといけませんね。
ウイングの張り合わせ部分や、レーザー基部、エンジンノズルの基部等です。
黒瞬着で処理しました。


1-72 X-wing36


最後に塗り直したR2です(*^_^*)
断然こちらの方が良い出来になりました!
やっぱり「塗り方」って大事ですねえ。


1-72 X-wing35


さて、次は機体の塗装ですね。
まずは基本色の明るめのグレーからです。
塗り分けはマスキングかデカールか悩むところです…

それでは、フォースと共にあらんことを!( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その6 ~R2-D2リペイント~

一旦完成したR2-D2ですが、別の塗装方法を思いついたので付属の予備のR2のパーツを使ってリペイントしてみました。
まずは、ラッカーのコバルトブルーをブラシで吹きます。


1-72 X-wing28


次にエナメルのクロームシルバーを全体に筆塗り。


1-72 X-wing29


エナメルが乾いたら、溶剤を含ませた綿棒でブルーの部分だけ拭き取っていきます。


1-72 X-wing30


以前はラッカーのシルバーを吹いてからエナメルのブルーを筆塗りしてました。
今回は逆にしてみた訳です。
思った通りこちらの方がブルーのパネルがクッキリ出ます(*^_^*)
シルバーも面積が小さいので筆ムラもそんなに気になりません。

並べて比較してみましょう!


1-72 X-wing31


やっぱりこちらの方が全然良いですね!
頭部のブルーを明るくしたお陰で、メインカメラがハッキリ見えます。
顔はかなり可愛くなった気がします(笑)

これから脚部の塗装とトップコートに入ります。
フィギュアに何日かけるのかと思っちゃいますが、やはり大事な部分ですからトコトン拘った方が仕上がりも良くなる筈です。

とりあえず本体の方も進めないとですね。

ではでは、フォースと共にあらんことを!(*・`ω´・)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その5 ~コックピット塗装~

コックピットの塗装です。
ですが、カメラからPCに移すときに製作途中の写真を誤って消してしまいました(泣)

ということで、いきなり塗装後の写真です(=゚ω゚)ノ


1-72 X-wing25


機内色としてニュートラルグレーで全体を塗装し、デカールとスミイレを行いました。
蛇腹ホースはメタルプライマーを予め塗っておきます。


1-72 X-wing26


デカールはそのままでは綺麗過ぎる気がしたので、トップコート後にウォッシング。
機首側のメカ部分もエナメルのフラットブラックで塗り分けて、フラットアルミでドライブラシしました。


1-72 X-wing24


やはりデカールが難しいです…
普段ガンプラにしかデカール貼らないんで、凹凸のある表面に張るのに四苦八苦です。
予め余白を切ったり、切れ込みを入れたりしないと中々馴染んでくれません。

今回もモールドとデカールがズレてしまった部分があるので、場合によっては筆塗りの方が上手くいきそうな気がします。


1-72 X-wing27


正面から見ると意外と劇中っぽい雰囲気になりました(*^_^*)
ちょっとデカールが納得いかない部分もありますが、キャノピーを付けたらあまり見えなくなりますし、やり直して今よりマシになる自信も無いので取りあえず進みましょう!

さて、次は機体の改修です。
といっても、合わせ目消し位でプロポーションは特に弄る必要はありません(*^_^*)

ではでは、フォースと共にあらんことを!( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 Xウイング 製作記 その4 ~コックピットの加工~

フィギュアの塗装が終わったので、コックピットに入っていきます(^∇^)ノ
コックピットも白一色の成型ですが、配管等の細かいモールドが多く雰囲気がありますね。


1-72 X-wing19


劇中の1/1セットのXウイングのコックピットには、掃除機のホースみたいな蛇腹が沢山あります。
今回はコレを追加してみたいと思います。


Luke-in-X-Wing.jpg


まずピンバイスで穴を開け、そこに中に極細の針金を通した1mmスプリングを差し込みました。


1-72 X-wing20


ホントはもっとゴチャゴチャとパイプが通ってるのですが、手持ちのスプリングが1mmしかなくスペースがありません^^;
あとは市販パーツでテキトーにディテールUPしました。
フィギュアを乗っけて様子を見てみましょう!


1-72 X-wing21

1-72 X-wing22


結構、劇中の雰囲気に近くなりました(*^_^*)

R2はセットすると深く埋まり過ぎている気がしたので、ランナータグを穴の底に貼り付けてかさ上げしました。
確か劇中では胸の青いラインがギリギリ見える位は出ていたと思います。


1-72 X-wing23


最後に昨日撮り忘れていたR2とルークの記念写真を(笑)
キャノピーは枠だけの物とクリアーパーツで防風のある物の2種類が付きます。
枠だけの方がフィギュアが良く見えそうですね(*^_^*)

さて、次回はコックピットの塗装とデカールです。
最近すっかりデカールに苦手意識が付いてしまいました(泣)

それでは、フォースと共にあらんことを!(*・`ω´・)ゞ

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# アクセスカウンター

# 最新記事

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ