# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その15 ~オイル汚れ等~

Yウイングも終わりが近づいてきました!

今回はプロップを参考にオイル汚れを書き足していきます(・Д・)ノ


Y-wing 67

Y-wing 68


エナメルのジャーマングレーを中心に混色したグレーを面相筆で書き込んでいます。
機体後方へ向かってぼかすように、後ろに行くにしたがって乾き気味の塗料を使っています。

さらに、所々にエアブラシでシャドーを入れて機体の完成です(^^)/


Y-wing 69


後は前回塗装したキャノピーの色調を調整していきます(=゚ω゚)ノ


Y-wing 70


エナメルのミディアムブルーでウォッシングを繰り返しより青く見えるように調整しました。
拭き取り跡をワザと残して塗装が落ちたような雰囲気を狙っています。

機首と合わせるとこんな感じに。


Y-wing 71


中々良い感じの色合いに仕上がりましたね(^^♪
さらにR2-BHDもセット。


Y-wing 72


さて次回でいよいよ完成です!
…と行きたい所ですが、ベースがまだですね(;^_^A

と言う訳で次回はベースの塗装です。

では、フォースと共にあらんことを(`・ω・´)ゞ

スポンサーサイト

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その14 ~チッピング~

Yウイングの製作もいよいよ佳境です(`・ω・´)

今回はチッピングで細かなキズを表現していきたいと思います(^^)/


Y-wing 62


画像はトップコートまで済ませた状態のものです。
エナメルのジャーマングレーを面相筆で点をぼかすようにキズを表現してみました。
プロップには右側面にオレンジ色のシミ汚れがあるので、これもクリアーオレンジを面相筆で書き込みました。
さらに、自作のスモークグレーを先端や後方に吹いています。


折角なので、パイロットをアップで撮ってみましたヾ(・∀・)ノ


Y-wing 64

Y-wing 63


やはりパイロットが乗ると臨場感が出ますね!

さらにエンジンポッドの先端等の目立つ部分にもプロップを参考にチッピングを入れていきます。


Y-wing 66

Y-wing 65


写真では分かり難いですが、先端部分はサンディブラウンで黄ばみ汚れを入れています。
こちらも面相筆で点をぼかすようにチッピングを加えています。
中々自然な感じにならずに苦労しました(;^_^A
でも失敗しても拭き取ってリトライできるのがエナメル塗料の良いところでもあります。

さてさて、次はオイル汚れの追加とキャノピーの色味の調整です。
これが最後の工程かな?

ではでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その13 ~スミイレ&ウェザリング~

さて、Yウイングはウェザリングの工程に入っていきます(^-^)/
デカールを貼り込んだところで一旦艶消しコートし、黄色の部分に機体色の筆塗りで塗装ハゲを書き込みました。


Y-wing 57


その後エナメルのジャーマングレーでウォッシング。
さらにクッキリさせたいパネルラインにはブラックを流し込みました。

キャノピーなども同様に処理していきます(=゚ω゚)ノ


Y-wing 58


キャノピーはやや機体色が浮いて見えますので、さらに上から退色表現で使った機体色+クリアーで上掛け。


Y-wing 59


ちょっと色が薄くなってしまいました( ̄▽ ̄;)
ビークルモデルの時キャノピーの色が濃すぎたので、今回は薄めにしようとしたんですが…う~む。
この上からまたさらに、サンディブラウンで薄~く黄ばみ汚れを追加しています。

さらに胴体の方もスミイレしていきましょうヾ(・∀・)ノ


Y-wing 60


ディテールが凄くて拭き取りの際に綿棒の綿が絡まって大変でした(^^;
こちらもサンディブラウンで所々に黄ばみ汚れを加えています。
エンジンの噴射口にはエンピツの芯を粉状にしたものでスス汚れを追加。

アップで見るとこんな感じです!


Y-wing 61


このゴチャメカ感、もはや芸術の域ですね~(*´Д`)
スミイレによってバンダイの超絶ディテールが際立ちます!

さて、この次はチッピングで機体に出来た傷を書き込んでいきます(^^)/

ではでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その12 ~マスキング&退色表現~

さて、Yウイングは細部の塗り分けが続きます(=゚ω゚)ノ

と言っても、殆どが別パーツだったりデカールが付いてたりしますから、
マスキング地獄だったXウイングよりかは全然気が楽です(^^♪

まず左のエンジンポッドのブルーグレーです。


Y-wing 53


ここも四角でマスキングするだけなので、嫌がらせのように左右非対称で複雑なマスキングが要求されるXウイングと比べれば楽チンです(^^♪
キャノピーと同じグレーFS36320で塗り分けました。


Y-wing 54


続いて機首横のブルーグレーです(・Д・)ノ
ここはビークルモデル製作時にはスルーしていた部分です(^^;

微妙に曲線になっているため、付属のシールの台紙部分を使ってマスキングしました。


Y-wing 55


塗り分け後の写真を撮り忘れてしまいました(;^_^A
他の部分のマスキングが超テキトーに見えますが、ちゃんと塗り分け出来ました(笑)

細かい部分の塗り分けが終わったところで、退色表現に入ります!


Y-wing 56


トップコート用に希釈してある艶消しクリアーに少量の機体色を加えた物を吹き付けました。
黄色も馴染んで落ち着いた感じになりましたね。
ブルーグレーの部分はやや薄い感じですが、ここからウォッシングしていくので大丈夫なはず。

さてさて、次回はいよいよスミイレとウォッシングに入っていきます。
ゴールが見えてきましたね!

では、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その11 ~機体の塗装②~

どうも、お久しぶりです…(^^;

いや~、めっちゃ久しぶりの更新になってしまいました(-_-;)
というのも、先々週は風邪を引いてしまってダウン、先週は仕事が忙しくて更新できず…といった感じで(;^_^A

Yウイングはもう一息で完成ですから、気合を入れ直して再開です!


前回は基本色まで塗り終えたので、今回は細かい部分の塗り分けです(=゚ω゚)ノ


Y-wing 50


黄色の部分をイエローFS13538で塗装しました。
ビークルモデルと違って黄色の部分が別パーツなので楽チンです(^^♪

続いてエンジン先端の部分。


Y-wing 51


こちらの黄色はデカールです。
曲面に同じ幅でマスキングするのは大変ですからね(^^;
下のブルーグレーはグレーFS36320で塗装。

続いてエンジンノズルです。


Y-wing 52


こちらはいつもの焼鉄色にクリアーオレンジ、クリアーブルーで焼け表現しています。
さらに艶消しコート後、エナメルのチタンシルバーのドライブラシ。

さらに機体の配管部分も塗り分けていきます(・Д・)ノ


Y-wing 49


こちらは、エナメルの筆塗りです。
ダークコッパーにクリアーオレンジを足したもので錆びたようなパイプにしています。
当然、筆が届かない部分もありますが、確かプロップでも筆塗りで見えない部分は塗られてないらしいので
角度的に見えない部分はそれでOKとします(^_^;)

さて、次はマスキングでの細かい部分の塗り分けですね!
六月中に完成させたいです!

ではでは、フォースと共にあらんことをヾ(・∀・)ノ

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その10 ~機体の塗装①~

ちょっと間が空いてしまいました(^^;
平日は作業に没頭してしまうと更新時間が無くなってしまうのがジレンマですね。

さて、今回から機体の塗装です(=゚ω゚)ノ
真鍮線にはあらかじめクレオスのメタルプライマーをハンドピースで吹き付けています。

そしていつものようにサーフェイサーを吹いた後、自家製ベースグレーで全体を塗装していきます。


Y-wing 44

Y-wing 45


角度や吹き付け圧を変えながら、パイプの奥にもしっかりと色を乗せていきました。
一回で色を乗せようとすると、塗料の吹き溜まりが出来て悲惨な事になります(;^_^A
ですので、吹いては乾かし…と数回に分けて塗装しました。
機首側のイエローのパーツも一緒に塗ってしまいます(^-^)/

次に基本色となる338番のライトグレーFS36495を吹き付けます。


Y-wing 46

Y-wing 48


写真だとグラデが飛んでしまってますが、陰影を付けて少々ムラを作って塗っています。
機体の方は、入り組んだ部分にはベースグレーが残りますので自然な陰影が出来てきます(^^♪


Y-wing 47


ここからスミイレ、ウォッシングしていきますので最終的にはかなりメカのディテールが浮き上がってくるはず!

さて、次回は各部の塗り分けですね。
といっても、Xウイングより圧倒的に塗り分け部分は少ないので気は楽です( ^ω^ )

ではでは、フォースと共にあらんことを~(`・ω・´)v

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その9 ~パイロットの塗装~

さて、今回はパイロットの塗装です(^∇^)ノ

ゴールド・リーダーのパイロットは「ジョン・“ダッチ”・ヴァンダー」という人物です。
映画でもブリーフィングのシーンでチラッと出てきてますね(*^^*)


ジョン・ヴァンダー


彼は元々タイ・ファイターのパイロットだったそうです。
元帝国軍というとEP7のフィンやローグ・ワンのボーディーが思い出されますね!

さて、そんなこんなで塗装に入りましょう!
今回はオール筆塗り、サフレスです。
まず、ラッカーのオレンジでパイロットスーツを、グレーFS36081でブーツと手袋を塗り分け。


Y-wing 37


さらにヘルメットや胸のメカパネルをニュートラルグレーで塗り分けていきます。


Y-wing 38


デカールはXウイングでの反省を活かし、余白をギリギリまで切ってからマークセッターとソフターを使って慎重に貼り込みました!
今回は概ね上手くいきましたね(^^♪
ここで一旦艶消しコートし、エナメルのレッドブラウンでスミイレ兼ウォッシング。


Y-wing 39


メカパネルの部分はエナメルのフラットアルミでドライブラシ。
最後にゴーグルをラッカーのシルバーで塗った後、エナメルのクリアーオレンジを乗せました(^^♪

早速、コックピットに乗せてみましょうヾ(・∀・)ノ


Y-wing 40

Y-wing 41

Y-wing 42


もう少し陰影があっても良い気がするので、ここはあとで修正するかもです。
個人的にはゴーグルのクリアーオレンジが良いアクセントになったかなと。

最後に相棒のR2-BHDと記念撮影です(^∇^)ノ


Y-wing 43


さて、次回はいよいよ本体の塗装に入ります!
パイプが入り組んでるので上手く塗装できるか心配です( ̄▽ ̄;)

ではでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ


# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その8 ~コックピットの塗装~

ちょっと間が空いてしまいましたが、Yウイングはコックピットの塗装に入ります(^^)/

まずは、自家製のベースグレーで全体を塗装。
モールドの奥もしっかりと塗っていきます。


Y-wing 33


金属スプリングにはクレオスのメタルプライマーを筆塗りしておきました。

Xウイングではコックピットの塗り分けはデカールで済ませてましたが、今回は塗装です(`・ω・´)

ここから基本色としてRLM75グレーバイオレットを乗せ、エナメルのダークシーグレーでコンソールのパネルの一部を塗り分け。
一旦ツヤ消しコートした後でエナメルのジャーマングレーとフラットブラックを7:3で混色したものでウォッシング。
さらにフラットアルミでドライブラシしてモールドを強調しました。


Y-wing 34

Y-wing 35


スプリングパイプを追加したことで、よりスターウォーズメカっぽい雰囲気になりました(^^♪
さらに正面のコンソールをデカールを参考に塗り分けていきます。
エナメルのレッド、ブルー、ゴールドリーフを流し込むように入れていきました。


Y-wing 36


Xウイングの時は凹凸のある表面にデカールが馴染まず、めっちゃ苦労したんですが、思い切って塗装しちゃった方が手軽かもしれません(;^_^A

さて、次回はパイロットフィギュアの塗装です!
Xウイングの時はデカールが貼れずにめっちゃ苦労しましたが今回は果たして…?!

ではでは、フォースと共にあらんことを(`・ω・´)ゞ

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その7 ~R2-BHDの塗装~

さて、今回からいよいよ塗装に入っていきます(^-^)/

まずは、R2-BHDからです!
でも「R2-BHD?なんだそりゃ??」って方が大半だと思います(^^;

簡単に説明すると、Yウイングのゴールドリーダーに搭載されている全身がシルバーのアストロメク・ドロイドです。


R2-BHD_Rogue_One.png


最近はローグ・ワンの関連トイとして1/10でリリースされたり、映画のパンフレットにも乗っているので大分露出が増えてきてますね!
基本的にシルバー一色という漢らしい配色なので、塗装派には大変優しいドロイドです(笑)

まずはサーフェイサーを吹いてから、自家製ベースグレーを全体に塗布。


Y-wing 29


スカリフの帝国軍基地にいるC2-B5ではありません(笑)
さらにミスターカラーのスーパーシルバーを吹き、エナメルのチタンシルバーで設定写真を参考に細部を塗り分け。
スミイレのあと、ツヤ消しで薄めにコートしました。


Y-wing 30


Y-wing 31


塗り分けは殆ど分からなくなっちゃいました(;^_^A
XウイングではR2-D2の塗り分けに滅茶苦茶苦労しましたが、R2-BHDはホント塗装派に優しいドロイドですね(笑)
最後にR2-D2とベイダー卿も一緒に記念撮影。


Y-wing 32


やっぱり、R2-D2はちょっと粗いですね( ̄▽ ̄;)
いつかRed3やRed Leaderを製作するときにリベンジしたい部分ではあります。

さて、次回はコックピットやパイロットフィギュアの方ですね!

ではでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 Yウイング(Gold Leader) 製作記 その6 ~エンジンポッドの改修~

Yウイングはエンジンポッドの改修に入ります(^-^)/
ここを越えれば機体の改修作業は終了となります。
あともう少しで塗装です!

まずはエンジンノズルのパーツから。


Y-wing 25


ノズルの中央の穴をピンバイスで開口しました。
さらにフチの部分はデザインナイフのカンナ掛けで薄くしています(=゚ω゚)ノ

次は推進偏向板です(・Д・)ノ


Y-wing 26


こちらもパーツのフチを中心にデザインナイフでカンナ掛け。
細いパーツが多いので折らないように気を使いました(;^_^A

最後に合わせ目消しですね。


Y-wing 27


丸いリングの内側には支柱をハメ込む際に合わせ目と段差が出来てしまいます。
ここは一旦流し込み接着剤で固定し、乾燥後に黒瞬着を盛って処理しました。

これにてYウイングの機体の改修は終了です(^∇^)ノ


Y-wing 28


組み立ての難易度は、今まで組み立てたどのバンダイのスターウォーズキットより高いです。
スナップフィットという制約もあるので、パーツが破損し易いのも困りものですネ(^^;
でも、組みあがった時の満足度は物凄いものがあります!

さて、次回からいよいよ塗装です(^-^)/
最初はXウイングの時と同様にR2ユニットからやっつけて行こうと思います。

それでは、フォースと共にあらんことを(*・`ω´・)ゞ

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# アクセスカウンター

# 最新記事

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ