# 1/12 サンドトルーパー 製作記 その3 ~仮組③~

バックパックの組み立てです(^^)/
このキットはバックパックのパーツ組み換えによってA~Cの3つの形態を再現できます。
まずは基本となるバックパックのベースとなる部分を組み立てます。


サンドトルーパー16


エピソード4は低予算で資金的な余裕がなかったので有名ですが、このバックパックにもそれが表れています。
四角いボックスは植物栽培用のプラケース、パイプ類は塩ビの排水管、他のパーツも市販のポリ容器等をほぼそのまま使ったそうです。
ホントに「その辺で買ってきた」ものばっかりです(笑)
やはりルーカスの発想には恐れ入りますね(^^;


サンドトルーパー17


このパーツの元も、70年代にアメリカで流通していたソニーのパチモンのラジオだそうです。
バンダイは入念なリサーチでその形状も徹底再現したんだとか(^^;
バンダイのスターウォーズキットは化け物かッ?!

そうこうしている内にバックパックの完成です(^^♪


サンドトルーパー18


今回は取説でいうBタイプとして組みました。

何故こんなにバックパックの組み合わせパターンが多いのかというと、サンドトルーパーの衣装は予算の都合上6~7着しか用意できなかった為、いかにも大捜索隊が来ているように見せかけるよう、個体を特定されないようにシーンごとにパーツを付け替えてたんだそうです。
予算がないならアイデアで勝負といった感じですね!

こういうアナログ感がエピソード4の魅力でもありますね(*^_^*)

さて、バックパックを背負わせてみましょう(^^)/


サンドトルーパー19

サンドトルーパー20


バックパックが付くといかにも特殊部隊っぽくなりますね.゚+.(・∀・)゚+.
次回は武器類の組み立てです。
なにやらサプライズ的な隠し玉もあるとかないとか…

ではでは、フォースと共にあらんことを!(=゚ω゚)ノ

スポンサーサイト

# 1/12 サンドトルーパー 製作記 その2 ~仮組②~

サンドトルーパーの仮組の続きです(=゚ω゚)ノ
今回は腰の部分と脚部の組み立てですね。
早速行ってみましょう!


サンドトルーパー10


股関節はポリ軸の組み合わせで上下に良く動きます。
続いて脚部。


サンドトルーパー11


いかにも「人が中に入ってる」感漂う造形がお見事ですね!
左ひざの六角形の膝当てはサンドトルーパー独自のディテールです。
ストームトルーパーと共通のパーツに別パーツで取り付けるため、若干合わせ目が目立ちます。

脚部も取り付けて本体の仮組が終了です(^^)/


サンドトルーパー12


ん~、カッコイイ!!
トルーパーの特徴的なデザインを見事に再現してます!
さっすがバンダイさん!


サンドトルーパー13


こういうポーズも凄く自然に出来てしまうのが凄いところ。
可動範囲も申し分ないです。


サンドトルーパー15


右腕は肩当があるため上がりませんが、左腕はここまで上がります。
劇中のあらゆるポーズを取らせることが可能ッ!

ということで、次回はバックパックと武器の仮組です(*^_^*)
ではでは、フォースと共にあらんことを( ̄^ ̄)ゞ

# 1/12 サンドトルーパー 製作記 その1 ~仮組①~

AT-STを差し置いて(汗)今回からサンドトルーパーを製作していきたいと思います(=゚ω゚)ノ
AT-STはもう少しノウハウを積んでからチャレンジしたい部分があるので…決してお蔵入りではありません(^^;


サンドトルーパー3


余程スターウォーズに詳しい方でないと
「サンドトルーパー??どこに出てたっけ??ストームトルーパーじゃないの??」っていう方が殆どだと思います。

簡単に紹介すると、タトゥイーンに逃れたR2-D2とC-3POを追跡する為にベイダー卿から派遣された「砂漠の惑星における作戦に特化したストームトルーパー」がサンドトルーパーです。

劇中ではデューバックという巨大なクリーチャーに乗って砂漠を捜索していたり…


サンドトルーパー2


モスアイズリー宇宙港でルークたちに検問をかけたりしています。


サンドトルーパー1


オビワンにフォースで操られて簡単に検問を通してしまうシーンが印象的です(*^_^*)
普通のストームトルーパーと違ってごついバックパックを背負ってたり、肩当(赤いのが隊長だそうです)が付いていたりと重装備なのがカッコイイですよね。


さて、それでは早速製作に入っていきましょう!
まずは頭部から。


サンドトルーパー4


凄い再現度!
写真では分かり難いですが、目の部分には濃いクリアグリーンのクリアーパーツが使われています。
口の部分もしっかり開口されていますね。

ただ、後頭部の部分には目立つ合わせ目があります。


サンドトルーパー5


ここはしっかりと処理していきたい所です。

続いて胴体。


サンドトルーパー6


肩当と干渉しないよう、首が少し長めになっています。
お腹のディテールはサンドトルーパー独自のもので、ストームトルーパーと異なる部分です。


サンドトルーパー7


肩当を首パーツに通してから、頭を取り付けます。
肩当は固定式ではなく、頭で押さえつける感じで若干動かせます。

と、ここで劇中の写真をよく見るとキットの頭部と異なる部分が…


サンドトルーパー8


矢印の部分ですが、目の上の黒い部分は斜め上に持ち上がってるのが正しいようです。
軟質パーツなので上にずらすだけですが、これだけで劇中の印象にグッと近くなりました(^^♪

両腕も取り付けて上半身の完成です!


サンドトルーパー9


腕は二重関節ですが、ポリキャップが見えてしまってるのが少し残念なところ。
ここは塗装をどうするか悩みどころですね。

さて、次回は下半身から取り掛かっていきます!
それでは~(^∇^)ノ

# 1/48 AT-ST 製作記 その1 ~仮組み~

タイ・アドバンストX1の完成から大分時間が経ってしまいました(^^;
マスキング無しで作れるものはないかなあ~と色々考えていたんですが、次回作はこれです!


atst1.png


「エピソード6・ジェダイの帰還」で帝国軍の主力兵器として森の惑星エンドアに配備されたAT-STです(^^)/
この独特なフォルムがいかにもSWメカって感じで良いですね!
しかもほぼグレー単色なのでマスキングいらず!
早速製作開始です(*^_^*)


atst2.png


今回はチューバッカのフィギュアが付属。
1/48スケールということもあり、約5cmと大柄です。


atst3.png


今にもブイ~ンと走り出しそうですが(笑)腰にあたる部分です。
細かい部分は別パーツとなっていて立体感があります。
パイプ部分は軟質素材が使われていました。


atst4.png


足を取り付けた状態です。
陸戦兵器なので、ベースは起伏のある地面になっています。
この状態では自立しませんが、頭が乗るとちゃんと立てるようになります。


atst5.png

atst8.png


パイロットのフィギュアも付属。
ディテールは良いんですが、背中の肉抜きと腕の造形が…(;^_^A
劇中でチューバッカが奪った機体を再現するなら、パイロットは作らなくても良いかな…


atst6.png


コックピットに外装を張り合わせ、頭部の完成です。
天辺のハッチや目に当たる覗き窓は選択式で閉じた状態も再現可能。


atst7.png


覗き窓からはパイロットが見えますが、天井のパーツを外さないと暗くて分かりません(;^_^A
チューバッカと一緒に乗ってるのも変だし、やっぱり今回はスルーしようかな(^^;

先ほどの下半身部分と組み合わせれば、AT-STの完成です(=゚ω゚)ノ


atst10.png

atst9.png


うん、どこからどう見ても劇中のAT-STそのまんまです!
さすがバンダイさん!
チューバッカのフィギュアは、劇中で奪った機体からハッチを開け上半身を乗り出した状態を再現できます。


atst11.png


チューバッカが居るとAT-STの巨大さが際立って良い感じです(*^▽^*)
脚部などに若干合わせ目の出る部分があるので、次回からはその辺りの処理になりそうです。
それでは~(^∇^)ノ

# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その8 ~完成!~

タイ・アドバンストx1が完成しました(^∇^)ノ

ベースの塗装は、やはり特に書くことがありません(笑)
ウィノーブラックで下地を作り、明灰白色で塗っただけです。

では、早速見ていきましょう!
今回は写真多めです。


1_72 タイ_アドバンスドx1_36

1_72 タイ_アドバンスドx1_37

1_72 タイ_アドバンスドx1_38

1_72 タイ_アドバンスドx1_39


インストのカラー指定よりもコントラストを強めにしてみました。
Xウイングよりもブルー寄りのグレーで全体を塗装しています。
ガンプラと違って稼働箇所がないのでポーズ付けに苦労します(笑)


1_72 タイ_アドバンスドx1_40


レーザーエフェクトはペーパーで整えた後、艶消しクリアーを上掛け。
艶消しの方が全体で光を拾ってくれるのでお勧めですよ!

次に細部のアップを見ていきましょう。
まずは、コックピットのベイダー卿から。


1_72 タイ_アドバンスドx1_41

1_72 タイ_アドバンスドx1_42


上面のハッチを開けると結構よく見えるようになります(*^_^*)
デカールも頑張って貼った甲斐がありました!


1_72 タイ_アドバンスドx1_43

1_72 タイ_アドバンスドx1_44


ディテールが細かいのでスミイレが際立ちますね。
メカ部分は多めにスミイレした後、フラットアルミでドライブラシして金属感を出してみました。
コックピットの防風もフラットアルミで凸モールド部分を塗り分けています。


1_72 タイ_アドバンスドx1_45

1_72 タイ_アドバンスドx1_46


ハッチの塗り分けはマスキングが面倒だったので、ラッカーの筆塗り。
マーキングはガンダムデカールの流用です。


では、最後にルークのXウイングに登場して締めてもらいましょう(=゚ω゚)ノ


1_72 タイ_アドバンスドx1_47
フォースを使え、ルーク…使うんだ、ルーク…

1_72 タイ_アドバンスドx1_48
強いフォースを感じる…!


【塗装レシピ】
・本体グレー…グレーFS36375
・コクピットシールド等…RML75グレーバイオレット
・ビューポートパネル…グレーFS36081
・ソーラーパネル…ウィノーブラック
・コックピット内部&ベース…明灰白色
・レーザー砲…スーパーシルバー


これにて、タイ・アドバンストX1の製作は終了です!
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました(*^▽^*)

次回はどうしよう…まだスター・ウォーズ系で作りたいのがあるので多分そっちかな。

では、また次回お会いしましょう!
フォースと共にあらんことを~!(*・`ω´・)ゞ

# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その7 ~ウェザリング~

いよいよ、ウェザリングに入っていきます(^^)/

ウォッシングはエナメルのジャーマングレーにブラックとブルーを極少量混ぜたものを使いました。
メカ部分にはフラットアルミ、エッジにはジャーマングレーでドライブラシ。
こうしてみるとタイファイターって目玉のおやじみたいですね(笑)


1_72 タイ_アドバンスドx1_30


機体下部のエンジン部分は焼鉄色で塗装後、エナメルのシルバーとゴールドで塗り分け。
でもクリアーオレンジの上掛けをやり過ぎて、メタリックオレンジになってしまいました(´;ω;`)


1_72 タイ_アドバンスドx1_31


機体後部も同様に処理していきます。
ウォッシングは後方に流れるように綿棒でふき取りました。
今回は被弾跡などはありません。


1_72 タイ_アドバンスドx1_32


ソーラーパネルも組み立てていきます。
やや嵌め込みがキツイので、割れないように調節した方が良いかもしれません。


1_72 タイ_アドバンスドx1_33


組み上げれば本体の完成です~.゚+.(・∀・)゚+.


1_72 タイ_アドバンスドx1_34

1_72 タイ_アドバンスドx1_35


コックピットも奥行きがあって良い感じです(*^_^*)
やはりバンダイさんだけあって、プロポーションやディテールは申し分なし!

次回完成と行きたいところですが、今回もデススター風のベースがあるのでそちらを完成させないとですね。
早くルークのXウイングとドッグファイトさせたいです(笑)

それでは~(=゚ω゚)ノ

# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その6 ~スミイレ&部分塗装~

さて、マスキングも終わり次はスミイレと部分塗装に進んでいきます(^^)/

スミイレはモールドが細かくてかなり楽しい作業です!
タミヤのスミイレ塗料のブラックを流し込んでいきました。


1_72 タイ_アドバンスドx1_25


レーザーの砲身部分はオレンジ系の色ですが、好みでシルバーに塗り分けてみました。


1_72 タイ_アドバンスドx1_26


コックピットハッチのグレーの塗り分けですが、デカールをよく見ると何やらコーションマークの様なものが…
ここのマーキングだけっていうのは流石に無いようです(^^;
さて、どうしたものか…


1_72 タイ_アドバンスドx1_27


仕方ないので、手持ちのガンダムデカールから適当にチョイスして貼り付けました。
ちょっとサイズが大きいですが、まあ良しとしましょう。
グレーの塗り分けはラッカーのグレーバイオレットを筆塗り。


1_72 タイ_アドバンスドx1_28


ビューポートの枠もグレーバイオレットで塗装しました。
ここまで来たら、ある程度組めるところは組んでから一度トップコート、ウェザリングへと入っていきます。
Xウイングの時と同様にコックピットのマスキングには付属のクリアーパーツを使用。


1_72 タイ_アドバンスドx1_29


さて、次回はトップコートでスミイレを定着させた後、ウェザリングですね(*^_^*)
帝国軍のタイファイターは反乱軍の機体に比べて汚しは控えめな印象です。
物資が沢山あるので整備が行き届いてるんでしょうかね。
特にベイダー卿のアドバンストX1は一般機と違い、シールド発生装置が装備されているそうなのでプロップでもかなり綺麗な感じです。
今回はウォッシングと軽めのドライブラシで十分かな。

それでは~(^∇^)ノ

# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その5 ~マスキングやり直し~

作業が滞っているため、今回は短い記事です(^^;

え~、ソーラーパネルのマスキング失敗しました(泣)
表面に凹凸があるせいかしっかりと密着させたつもりが、隙間から塗料が入り込んでしまいました。
ラインもぼやっとしてシャープさに欠けるので、今度はグレー部分をマスキングしてブラックを吹きます。


1_72 タイ_アドバンスドx1_23


至る所に食み出してるのがお分かり頂けると思います(;^_^A
縁は筆塗するつもりでしたが、この際キッチリマスキングして塗り分けることにしました。


1_72 タイ_アドバンスドx1_24


今度は何とか成功ですね!
最初から下地黒→グレー→マスキング→黒で塗装してればマスキングが一回で済んだのに…(´;ω;`)
横着して黒塗装を一回で済まそうと思ったのがダメでした。

やっぱりシステムインジェクションって、塗装派にはちょっと有難迷惑な感じです(^^;
一般機のタイファイターは黒い部分が別パーツらしいので、アドバンストX1もそうして欲しかったです。

さて、本体の塗装がようやく終わったので、次はスミイレ作業ですね。
次はマスキングの必要のないキットが作りたい…( ノД`)

それでは~( ̄^ ̄)ゞ

# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その4 ~本体の塗装・マスキング~

さて、アドバンストX1の塗装に入ります(^^)/
本体は特に気になる部分なんて無いので基本そのままですが、下面の四角いモールドは整形の邪魔だったのでプラバンに置き換えました。
0.3ミリを使いましたが、そのままでは厚みがあり過ぎるので接着後に削り込んで調節しています。


1_72 タイ_アドバンスドx1_20


まずはサーフェイサーを吹き、ウィノーブラックで全体をしっかりと塗装。


1_72 タイ_アドバンスドx1_21


ファーストオーダーのタイファイターではありません(笑)
ポーの機体といい、EP7は黒系のビークルが多い気がしますね。

さて、翼のソーラーパネルはマスキングをしなければなりません。
直線の形状だからと油断してたんですが、これが結構大変でした(´・Д・)
左右で合計4面、なんとか頑張りました。


1_72 タイ_アドバンスドx1_22


CGモデルなどではソーラーの縁の部分も本体色の物がありますが、プロップを見ると縁もブラックが正解のようです。
ただ、この縁の周りには隣接するモールドが多く、正確にマスキングするのが大変だったので、内側のみマスキングして縁は後でエナメルの筆塗りで対応する予定です。


プロップ1


そして今回ウイングの内側の押しピン跡の整形に黒瞬着を使ったんですが、硬化不良を起こしてたらしくヤスったら剥がれてしまいました( ノД`)
盛り過ぎが原因かもしれませんが、硬化スプレーも併用しないとダメなのかな??

そういえばタイファイターの「TIE」ってツイン・イオン・エンジンの略なんですね!
最近知りました(^^;←遅い

次回は機体色の塗装になります!
といっても、ほぼグレーだけなのでXウイングに比べたら気が楽です(*^_^*)

それでは~(=゚ω゚)ノ

# 1/72 タイ・アドバンストx1 製作記 その3 ~コックピットの塗装~

新春、あけましておめでとうございます!
昨年このブログに足を運んで下さった方々、本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとって良い一年でありますように!

さて、タイ・アドバンストX1のコックピットの塗装に入ります(^^)/
シートが若干寂しかったので、蛇腹ホースを追加しました!


1_72 タイ_アドバンスドx1_12


ピンバイスで穴を開け、極細金属線を通した1mmスプリングを差し込みました。
黒い部分はウェーブの黒瞬着です。


1_72 タイ_アドバンスドx1_13


塗装はニュートラルグレーとミディアムグレーを8:2で混色したブルーグレー。
操縦桿はエナメルのフラットアルミで塗り分け。


1_72 タイ_アドバンスドx1_14


操縦席背面です。
取説ではニュートラルグレーですが、ベイダー卿が目立つように明灰白色で塗装。
モールドはエナメルのフラットアルミで塗り分け。
三角形のパネルはデカールですが、数が多くて大変でした(^^;


1_72 タイ_アドバンスドx1_15


操縦席前面の裏側。
こちらは完成後は見えませんし、デカールも少ないので楽チンです!

さっそくベイダー卿を乗せて記念撮影です(*^_^*)


1_72 タイ_アドバンスドx1_16

1_72 タイ_アドバンスドx1_18

1_72 タイ_アドバンスドx1_17


蛇腹ホースを追加した事で密度が上がった気がします.゚+.(・∀・)゚+.
しかし、タイファイターのコックピットってなんかUFOっぽいですよね(笑)
Xウィングがオーソドックスな戦闘機なので、余計そう感じます。

さらに前面のパーツも取り付けてみました!


1_72 タイ_アドバンスドx1_19


メカパネル部分はグレーFS36081を塗装後にフラットアルミでドライブラシ。
Xウィングと違い、ビューポート内側にあるので汚しは控えめです。
やはりベイダー卿が座ると威圧感がありますね!
頭の中で帝国軍のマーチが鳴り響きます(笑)

さて、次回は本体に取り掛かります。
ディテールUP等もほとんど必要ないので、早めに塗装に入りたいですね!

それでは~(=゚ω゚)ノ

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# アクセスカウンター

# 最新記事

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ