# HGUC ギャン(REVIVE) 製作記その7 ~完成!~

REVIVEギャンがやっと完成しました(^^)/

製作中に色んなことがあっただけに、思い出深いキットになりましたね。
それでは完成写真です!

まずは前と後ろから。


REVIVEギャン47

REVIVEギャン48


【塗装レシピ】
まず自家製ベースグレーで全体を塗装
・本体グレー…グレーFS36375
・本体青…ミディアムブルー
・シールド赤…あずき色
・シールド中央、サーベル柄…スーパーゴールド
・ランドセル…グレーFS36081
・間接等…黒鉄色、焼鉄色


フレア部の台形のモールドは合わせ目消しに邪魔だったので削り落としてしまいました。
続いて俯瞰と煽り気味に見てみましょう。


REVIVEギャン49

REVIVEギャン50


胸の排気ダクトの開口は中々良い感じですね!
フンドシ部分の円筒形も市販パーツの貼り付けでメリハリある形状になりました!


REVIVEギャン51


アクションベースで飾ると足首シリンダーがチラ見えして良い感じです(*^_^*)

せっかくなので他のMSと競演させて見ましょう!


REVIVEギャン53
マ・クベ「シャアーッ、退け~い!今の貴様の任務はガンダムを倒すことではないはずだ!」
シャア「味方が苦戦しているのを見逃す訳にはいかんのでな」



REVIVEギャン54
マ・クベ「シャアを図に乗らせない為には!ガンダムを倒さねばならんのだよ!」


REVIVEギャン55
マ・クベ「ウラガン、あの壺をキシリア様に届けてくれよ!あれは…良い物だ…!!」



REVIVEギャン56


最後にREVIVEガンダムと。
こう見るとギャンって大きいMSですよね~。
ガンダムがスマート体系なだけに横に並べると強そうです(*^_^*)

さて、REVIVEギャンの製作はこれでお終いです。
お付き合いいただき、ありがとうございました!

ガンプラが2作続いたので次はスター・ウォーズものが良いかなと思ってます!
では、また次回お会いしましょう!
それでは~(^^)/
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# HGUC ギャン(REVIVE) 製作記その6 ~ウェザリング~

REVIVEギャンもいよいよ最後の工程ですね!
ウェザリングの後、定着のためもう一度つや消しトップコートをかけ組み立てていきます。

では、まずは胴体から行ってみましょう(^^)/


REVIVEギャン38


ミディアムブルーの部分は明るいグレーでドライブラシした後、シルバーでハゲチョロを加えてます。
ライトグレーのパーツは暗めのグレーでドライブラシ。


REVIVEギャン39


頭部です。
モノアイは1.5ミリのHアイズの裏にラピーテープを貼ったものを埋め込みました!
ただ、小さすぎてあまり光を拾わないのが残念なところです。


REVIVEギャン40


ランドセルはノズル部分で別パーツになっているので塗り分け。
クリアーオレンジ、クリアーブルーをランダムに吹いて焼け表現を付けてみました。


REVIVEギャン42


腰部分です。
ここも明るいグレーとシルバーのドライブラシ。


REVIVEギャン44


脚部です。
フレア部分はタミヤのウェザリングマスターで砂埃を追加。
暗いグレーのドライブラシは「テキサスの攻防」での陰影の濃い作画を参考にしてます(*^_^*)


REVIVEギャン43


チラ見えするシリンダーも良い感じです(*^_^*)
今回はジャンクのMGザクのパーツを使いましたが、プラ棒を貼り付けるだけでも十分雰囲気が出ると思います。


REVIVEギャン45


最後に武装です。
ジオンマークが光で飛んでしまってますが、実際はもっとクッキリしてます(汗)

さて、最後にパーツを組み上げていよいよ完成です(^^)/


REVIVEギャン46


中々渋い色合いに仕上がりました!
製作中に転職したりと思い出深い作品になりましたね(笑)
次回は完成写真です!

いや~REVIVEギャン、改修箇所も少ないしこれは本当に良い物だ!

それでは~(^^)/
 | ホーム | 

# HGUC ギャン(REVIVE) 製作記その5 ~スミイレ&デカール~

REVIVEギャンもいよいよスミイレとデカールまで来ましたね!

製作期間は長くなりましたが、REVIVEのガンダムに比べて作業自体は凄く少ないです。
このままドンドン進めてしまいましょう(^^)/


REVIVEギャン34


まずミディアムブルーのパーツです。
胸のジオンマークやツィマッド社のロゴはHG用のガンダムデカールから。
機体番号はMGギャン用から流用しました。


REVIVEギャン35


ライトグレーのパーツ。
赤いマーキング類はMGクロスボーンガンダム用のデカールから流用しています。


REVIVEギャン36


このREVIVEギャン、HGなのに細かな凹モールドが多いです。
スミイレするだけでかなりモールドが際立ちますので、マーキング類はガンダムに比べ控えめにしました。


REVIVEギャン37


シリンダーもエナメルのクロームシルバーで筆塗り。
間接部分は今回は艶ありでも良いかな?
この後、デカール保護のため外装パーツにスーパークリアー艶消しをコートしました(*^_^*)


さて、次回はいよいよウェザリングですがここで疑問がひとつ。


「ところで、ギャンってどの程度汚れてるの?」


ギャンはマクベ大佐が自身の為に作らせた(本人談)MSです。
そしてテキサスコロニーでの対ガンダムとの戦闘が初めての実戦だったはず。
ということはピカピカの新品状態だった可能性もあります。

…でもちょっと待ってください。
あのマクベ大佐が十分な実地見聞や戦闘シミュレーションもせず、いきなり自身初のMS戦に挑むでしょうか?
対ガンダム戦ではギャンの性能を100%活かし切り、テキサスの地形までも利用して12機のリックドムを3分で撃破したあの白い悪魔を相手に大健闘を演じてます。
おそらくマクベ大佐は事前にギャンに乗り込んでテキサスで相当な軍事演習を行ったはずです。



ということで「大きなダメージ痕は無いけど、戦闘演習は積んでそれなりに汚れている」という解釈で行こうと思います。
ガンダムに関する膨大なデータの分析、そして十分なMSでの戦闘訓練を積んだからこその、この余裕の表情という訳です!


マ大佐3
「さて、来てもらおうか、ガンダム」


という訳で次回からは軽めにウェザリングを入れていきます。
それでは~(^^)/
 | ホーム | 

# HGUC ギャン(REVIVE) 製作記その4 ~基本塗装~

さて、新しい職場にもだいぶ慣れてきて徐々に製作ペースもアップさせていきたいこの頃です(^^)/

REVIVEギャンの塗装を進めて行きましょう!
まずは、本体の腕や足などの薄い青のパーツから。


REVIVEギャン30


指定色はラベンダーのようなライトパープルですが、渋めにやや青味の入ったグレー(グレーFS36375)で塗りました。
下地のベースグレーがエッジに残る位で止めてグラデーションも作ってみました(*^_^*)
続いて胸や腰などの濃い青のパーツ。


REVIVEギャン31


ここも指定色ではインディブルー等の鮮やかな青ですが、グレーよりにしたかったのでミディアムブルーで塗装。
足裏のバーニアはマスキングで塗り分けました。
さらに間接部分の塗装です。


REVIVEギャン33


こちらはいつものように焼鉄色と黒鉄色で塗装しています。
最後に武器類です。


REVIVEギャン32


シールドのフレームは焼鉄色です。
外側の赤い部分はあずき色ですが、ベースグレーの上から塗ったのでドス黒い赤に(汗)
黄色い内側部分とサーベルの柄はアクセントでゴールドにしてみました!


ギャンは武器類が少ないし、合わせ目消しが無いのが嬉しいですね(*^_^*)
次回はスミイレとデカールです。

それでは~(^^)/
 | ホーム | 

# HGUC ギャン(REVIVE) 製作記その3~腰&足首の加工~

こんばんは~!
転職して中々思うように作業時間が取れないTARE-MAXです(泣)

遅くまで帰れないという訳じゃないんですが、疲れてるのか帰ったらすぐ寝ちゃうんですよね。
こればっかりは慣れるしかなさそうです。

さて、REVIVEギャンは下半身の加工に入っていきます(^-^)/


REVIVEギャン22


腰のフロントアーマーは切り離して独立稼動出来るようにしました。
中央のパーツの円筒形の部分は市販パーツでボリュームUP。


REVIVEギャン23


リアアーマーは矢印の部分がダボ穴になってるので市販パーツを貼って隠しました。
組み上げるとこんな感じです!


REVIVEギャン24


円筒形のパーツをボリュームUPしたので、両足の軸が良い感じに隠れてくれます(*^_^*)
フロントアーマーを独立稼動させると意外と隙間が目立ちますので、おススメの工作かも。

次は足首の加工です。
足首間接の周辺がアッサリしすぎなのでディテールUPしてみたいと思います。
まずは、間接部分にMGザクVer2.0の足首間接のシリンダーを接着してみました。


REVIVEギャン25

サイズはピッタリですね!
実はこのパーツ取りのザクは、昔の職場で知り合いから無塗装素組み貰ったものです。
「飾る場所がなくなったから、改造にでも好きに使って良いよ~」という事だったので有効活用させてもらってます(*^_^*)
シリンダーが組み込めるように足首部分も加工しました!


REVIVEギャン26


市販パーツでポリキャップ隠しを作って、シリンダーが入るように甲の部分を開口しました。
さらにフレア内部もバーニアを追加。


REVIVEギャン28


ドムと同じツィマッド社製のMSですので、ドムを参考に配置してみました!
組み合わせるとこんな感じに。


REVIVEギャン29


シリンダーやバーニアがチラ見えして良い感じです(*^_^*)
さて、次回以降はいよいよ塗装になりますね。
本格的に寒くなってくる前に、何とか終わらせられれば良いんですが^^;

それでは~(^-^)/
 | ホーム | 

# HGUC ギャン(REVIVE) 製作記その2~頭部&胴体の加工~

マ大佐2
マ・クベ「ウラガン、私のギャンの整備はどうかな?」
ウラガン「はい、いつでも!」



という訳で、だいぶ間が空いてしまいましたがREVIVEギャンの製作です。
まずは頭部からですね。

モノアイレールにあたるパーツにピンバイスで穴を開け、市販パーツを埋め込みます。
後でこの部分にHアイズを嵌め込む予定です(^-^)/

頭部下半分には合わせ目が出ますので、矢印の部分をカットして後ハメ加工しておきました。


REVIVEギャン13

REVIVEギャン14


ツノはシャープ化しました!
小さくて手で持つのが大変なので、ピンバイスに加えさせて加工。


REVIVEギャン15


頭部を組み上げた状態です!


REVIVEギャン16


素組みではモノアイはシールなので、ここを作りこむと精密さがグンと増しますね(*^_^*)
ツノが短いという意見もありますが、個人的には良い感じのバランスかなと思います。

続いて胴体の加工です!
胸のインテークを開口し、裏側に金属メッシュを貼り込みました。


REVIVEギャン17

REVIVEギャン18


ランドセルは接続部の肉抜き穴をパテ埋め、中央のバーニアノズルを開口し市販パーツに置き換えました。


REVIVEギャン19

REVIVEギャン20


加工した上半身を組み上げてみました!


REVIVEギャン21


胸のインテークの裏側には元から排気口のようなモールドがあるので、開口はかなりおススメの工作です!
ピンバイスで穴を開けてデザインナイフで繋いで行く定番の方法で開口していきました。

このギャンはホント良キットなので、こういった細かい部分のディテールUP位しか弄る所がありません。


ところで、ギャンの登場した「テキサスの攻防」って作画凄く良いですよね!
ギャンやゲルググ、ドムなどのモビルスーツも線が濃く重厚な感じだし、ギャンのサーベルを避けるガンダムの動きも凄いですし。
映画版ではギャンの出番はカットされてしまいましたが、決闘シーンの作画は対ゲルググ戦に流用されてました。


さて、次回は腕部と腰ブロックの加工ですね!

それでは~(^-^)/
 | ホーム | 

# HGUC ギャン(REVIVE) 製作記その1~仮組み~

マ大佐1
「ギャンは私用に開発していただいたモビルスーツだ。
 キシリア少将へ男としての面子がある!



…という訳で(笑)REVIVEギャンの製作開始です!
ギャン好きなんですよ。あとマ大佐も。
旧キットも旧HGUCもMGも組みました!
先に紹介したシャア専用ゲルググやREVIVEガンダムと絡ませても楽しそうです(*^_^*)


REVIVEギャン1


まずは上半身から組んでいきます。


REVIVEギャン2


旧HGやMGよりモノアイスリットが狭く精悍な顔つき。
ところでギャンってケムール人に似てません?笑
あ、一つ目だからゼットン星人の方かな(笑)


REVIVEギャン3


顔下半分に数少ない合わせ目があります。
肩のポリキャップにはカバーが付属。
ガンダムやグフは剥き出しだったのでこれは嬉しいです!


REVIVEギャン4


ランドセルも旧HGから大型化しディテールも精密に。
次は腕です。


REVIVEギャン5


腕は二重関節でここまで曲がります。
合わせ目が全く出ない構成なのも素晴らしい!
次は腰部です。


REVIVEギャン6


なんとHGなのにフロント&リアアーマー裏のフレームパーツが付属!
リアは普通に立ってても裏側が見えますから、これは嬉しい!
フロントは真ん中で切り離せば簡単に独立稼動出来ますね。
続いて脚部です。


REVIVEギャン7


なんとつま先まで稼動!
合わせ目も脹脛下のフレア部だけで、ここはそんなに目立たない感じです。


REVIVEギャン8


足裏の肉抜きも無し!
バーニアは簡素なので市販パーツでディテールUPしたいですね。
次は武装です。


REVIVEギャン9


なんとサーベル持ち手の軸が稼動します!
独特なフェンシングポーズも簡単に出来ちゃいます。
旧HGではメモリアルアクションとして専用手首が付属してましたね。


REVIVEギャン10


シールドはニードルミサイルの造詣もシャープに再現されています。
ところで、ギャンのシールドってめっちゃ爆発物積んでますけど、誘爆したりしないんでしょうかね(汗)
もしやシールドではなくてミサイルポッドなんでしょうか。
撃ち尽くしたらシールドにもなるよ!みたいな。

最後に組み上げて完成です(^-^)/


REVIVEギャン11


おおっ!めっちゃカッコイイ!!
劇中のイメージそのままに今風にカッコよくなってます!
フェンシングポーズもお手の物!


REVIVEギャン12
「フフ、今までのデーターで確かめてある。シャアとの小競り合いでビームを使いすぎたのだよ!


稼動もディテールも、もはや一昔前のMG並です。
一言言わせてください。


これは…良いものだっ!!


…という訳で(笑)プロポーションに関しては全く弄る必要がありません。
後は細部のディテールUPと塗装で個性を出して行けたら良いかなと。
リアルタイプガンダムと並べたいので、こちらも昔風の渋い色合いにしようかな。

次回以降は各部のディテールUPです。
それでは~(^-^)/
 | ホーム | 

# プロフィール

TARE-MAX

Author:TARE-MAX
ブランク8年の出戻りモデラーです。
ガンダム、スター・ウォーズのプラモを中心に製作していこうと思います。

当ブログはリンクフリーです。
登録の際はぜひご一報ください!

どうぞよろしくお願いします!

# カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# アクセスカウンター

# 最新記事

1/12 ストームトルーパー 製作記 その1 ~仮組~ Oct 16, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その18 ~マント等の塗装~ Oct 09, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その17 ~アーマー類の塗装~ Oct 04, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その16 ~マスクの塗装~ Oct 01, 2017
1/12 ダース・ベイダー 製作記 その15 ~表面処理③~ Sep 29, 2017

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


まとめ